ニュースヘッドライン

過剰宣伝でも大コケしそう?木村拓哉の『無限の住人』に不安ばかり

  • 2017年04月26日(水) 12:00:59
  • ブログ

第70回カンヌ映画祭」のアウト・オブ・コンペティション部門に選出された。現在、同作のPR活動で露出を増やしている木村拓哉だが、これに伴いカンヌ入りも検討しているという。

『無限の住人』は三池嵩史監督(56)の最新作として、製作発表時から大々的に宣伝されていた。また、木村にとっても主演ドラマ『A LIFE~愛しい人~』(TBS系)と並び、SMAP解散後の俳優業の方向性を決める作品として注目を集めていた。国際的な映画祭での選出の流れに、作品への期待がますます高まっている状態だが、一部では微妙な声もあがっているようだ。

 世界三大映画祭の一つであるカンヌ国際映画祭は、中には「選考基準がよくわからない」という声もあがっている。かつてダウンタウンの松本人志(53)が監督をつとめた『大日本人』も、同映画祭の非公式部門にあたる監督週間で上映されていた。しかし、実際ふたを開けてみれば、国内での評価は決して高いものとは言えなかった。こうした経緯を知る者からすると、『無限の住人』も同様に“肩透かし”となることが予想されるという。

「現在木村は、ヒロイン役をつとめる杉咲花(19)とともに、先月から地方都市を含めた舞台挨拶を行っています。新潟や仙台、熊本といった地方都市をまわるなんてことは、これまでの木村では考えられないことでした。一部では“ドサ回り営業”とも囁かれており、『必死すぎ』と揶揄されている状況です」(芸能記者)

 全ての活動に対し冷ややかな視線が向けられてしまっている木村。昨年のSMAP騒動以降、下がったままの好感度は未だ回復していないようだ。また、さらなる追い打ちが木村を待ち受けているとの声もある。

■海外移住も本格的な視野に入れたキムタク

「現在、木村は20年以上続けてきたトヨタ自動車のCM情報欄から、ひっそりとその記述が削除されています。『タマホーム』や『ダンディハウス』などの契約は続いていますが、これもどこまで契約が継続されるかは定かではありません。今後の木村のイメージにも左右されるのではないでしょうか」(芸能関係者)

 特に木村の場合、昨年出演していた「日本和装」のCMは、SMAP騒動の影響も受けて、クレームが殺到したという経緯がある。それだけに企業側も慎重にならざるを得ない状況のようだ。

「明石家さんま(61)との特別番組『さんタク』(フジテレビ系)も放送され、バラエティにおける木村のフランクな一面をアピールしましたが、視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と奮いませんでした。一部では長期休養や妻・工藤静香(47)ら家族とともに海外に移住するという話もある。そうした選択が今以上に“キムタク離れ”を加速させることにもなりそうです」(前出・芸能記者)

 近い将来、ジャニーズ幹部の椅子も用意されていると言われている木村だが、ここまで大々的な宣伝に励む『無限の住人』の成績次第では今後の活動が危うくなる可能性もある。決して将来が安泰というわけでもなさそうだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

相葉『貴族探偵』桐谷『人は見た目』が急落、『櫻子』観月ありさは論外……フジドラマオール1ケタに一直線!?

  • 2017年04月26日(水) 12:00:58
  • ブログ

“月9”ドラマ30周年を記念し、フジテレビが総力を挙げて制作している、嵐・相葉雅紀主演『貴族探偵』(月曜午後9時~)が早くも沈没寸前の状況に陥った。
20170426-94038.jpg

 24日に同ドラマの第2話がオンエアされたが、視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、よもやの1ケタ台を記録してしまった。初回(17日)は11.8%で、“月9”の初回では3期ぶりの2ケタ発進となったが、第2話では3.5ポイントも下落した。

“月9”ドラマ自体の打ち切りもウワサされる中、同ドラマは、まさにその存続を懸けたといってもいい作品。メーンキャストは、主演の相葉以下、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵らで超豪華。制作費は1話あたり、1億円前後が投入されているともいわれる力の入れようだ。当然高視聴率が求められ、数字が取れなければスポンサーからの信頼は失墜する。

 第2話で、これだけ数字を落としたとなると、早くも多くの視聴者が“脱落”したことを意味する。その厳しい状況下で、巻き返しを図るのは難しい作業となるのは必至で、このまま浮上できない可能性もありそうだ。

 そんな中、今期のそのほかのフジのドラマは、桐谷美玲主演『人は見た目が100パーセント』(木曜午後10時~)が初回9.5%から、第2話6.4%と急降下。すっかり爆死枠となった「木10」枠だけに、この先あまり期待はできそうにないだろう。

 観月ありさ主演『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(日曜午後9時~)に至っては、初回から6.9%の爆死で、こちらはもう論外で期待薄。

 そうなると、フジがすがりたくなるのが、小栗旬主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(火曜午後9時~)だ。同ドラマは、初回13.9%の高視聴率でスタート。第2話では、11.2%と落としたが、それでも2ケタをキープ。視聴者の期待度の高さが見てとれるだけに、浮き沈みがあったとしても、『貴族探偵』より、高い数字が望めそうな気配だ。

 昨年は、年間通じて、すべての連ドラが視聴率1ケタ台に沈んだフジ。今年1月期は、草なぎ剛主演『嘘の戦争』が平均11.3%をマークして、かろうじて1作だけ2ケタ台を記録した。今期もオール1ケタは、なんとしても避けたいところで、『CRISIS』頼みとなりかねない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

坂口杏里容疑者“ストリップ嬢”に転身か?「AVでは無理でも、こっちならトップ取れる」

  • 2017年04月26日(水) 12:00:57
  • ブログ

恐喝未遂容疑で逮捕されたAV女優の坂口杏里容疑者に、ストリップファンが熱視線を送っているという。

 21日に釈放され、今後は在宅で取り調べに応じるという坂口容疑者。所属AVメーカー・ムーディーズは、坂口にとっては5作目、同メーカーでは4作目となるAV『ヤルからにはトップを獲る!芸能人ソープ嬢 ANRI』を、5月13日に予定通り発売するとしている。
20170426-95944.jpg

 そんな中、25日発売の「女性自身」(光文社)は、坂口とメーカーの間で“5本契約”が結ばれていると報道。5作品で約5,000万円にも上るギャラを、坂口容疑者に“前払い済み”であると伝えている。

「6月リリース予定の5本目がお蔵入りになれば、坂口容疑者に多額の違約金が発生する可能性も。今後、不起訴処分となり、単体女優を続けたとしても、3年前にムーディーズから“中出しアナル”モノをリリースした小向美奈子のように、ハードプレイを求められるのでは? また、AV転身後も『バラエティに出たい』『カラコンの広告に出たい』『恵比寿★マスカッツに入りたい』などと、芸能界に未練タラタラだった坂口容疑者ですが、その可能性も限りなくゼロに近づいたと言えそう」(芸能記者)

 小向といえば、2008年に所属事務所から解雇され、翌09年に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕。同年2月に執行猶予付の有罪判決が下された。そして、同年6月にストリップ劇場・浅草ロック座デビューを果たし、11年にAVデビューした。

「ストリップファンには、坂口良子さんがドンピシャの世代も多く、坂口容疑者に対し『良子さんの娘さんをナマで見たい』『スラリと伸びた脚を生で見たい』など、ストリップデビューを期待する声も。逮捕歴や離婚歴のある踊り子さんは、むしろ踊りや表情に『味わいが出て良い』と評価する客も多く、坂口容疑者にはうってつけ。さらに元芸能人ですから、AV界でトップになれなくても、ストリップならトップクラスの人気が出るはず。小向の逮捕からデビューまでのスピード感を見る限り、水面下で既に交渉が行われている可能性も考えられる」(同)

 タレント時代には、自身のブログで「今日ゎダンスレッスンだよ~!」などと報告していた坂口容疑者。「逮捕された女のAVじゃヌケない」という声も上がる中、ストリップへの転身は得策かもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ベッキー、立て続けのファッション雑誌表紙に「めっちゃ可愛い」の声

  • 2017年04月26日(水) 12:00:57
  • ブログ

ベッキー(33)が、5月2日発売のファッション雑誌『SHEL’TTER(シェルター)』42号の表紙を飾っていることが分かった。

 昨年の「ゲス不倫」をきっかけに、抱えていた番組MCやCMを辞退し、約半年間の謹慎期間を経て昨年7月に復帰していたベッキー。仕事量は以前よりも減っているが、現在は少しずつ仕事の調子を戻している印象だ。24日には、インスタグラムでの投稿に「COVER うれしいです。ありがとうございます。」とコメントをし、『SHEL’TTER』の表紙を務めたことをファンに報告した。
20170426-95221.jpg

 すでに今月2日に発売された『NAIL MAX(ネイル マックス)』でも約3年ぶりの表紙を飾り、完全復活とも思わせる動きを見せていたベッキー。2ヶ月連続の雑誌表紙ということでファンの喜びも大きいようで、まったく衰えを見せない姿を褒める声がインスタグラムには多く寄せられていた。

「ベッキーかっちょイイ。前より今がかっちょイイ」

「めっちゃ可愛い。メイクも雰囲気もかなり好き。」

「ベッキー、格好良いし、綺麗~!絶対、買います」

 一方で、一時は地に落ちてしまったそのイメージからか、「SHEL'TTERの表紙がベッキーとか草も生えない。なので買わない。」といった読者の声も聞かれた。

 ベッキーに対して、いまだ不倫のイメージを拭いきれない人が多くいるのは事実。少しずつ仕事をこなし、実力と努力で過ちを償っていくしかないだろう。以前のような活躍を見れる日は、近いようでまだ遠いのかも知れない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

関ジャニ∞・村上信五、マグカップ両手持ちの”あざとい女”好きを告白

  • 2017年04月26日(水) 12:00:57
  • ブログ

4月22日に放送された、関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)で、村上信五(35)が意外な女性のタイプを語り、ファンの間で話題となっている。

 実際に書店で販売されている真実の本3冊と、渋谷すばる・丸山隆平の“店主”が考えたタイトルがついた偽物の本2冊を見極めるコーナー「真実堂書店」。今回は、“真実”の本を当てる解答者として、村上と大倉忠義、そしてゲストの市川紗椰が登場した。『ライオンはとてつもなく不味い』『写真「撮る人」集』などのタイトルに混じって、『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』という本が紹介されると、村上は「年々なんかもう、『あざとくてもええか!』となってきますけどね」と真剣な顔でコメント。

 さらに、渋谷は「付き合い長いんで知ってるんですけど、服引っ張る人いるでしょ? あれめっちゃ好きなんですよ」と、村上の好きな女性の“あざとい”行動を暴露。この本がどうしても気になるという村上は本物だと予想し、見事正解するのだった。

 この本には、女性が“あざとさ”を演出する技が多数収められており、市川がこれを実践する流れに。マグカップを両手で持つ仕草を市川がやって見せると、「うわあ!」と大声を上げて大興奮の村上。さらに「ちょっと肩すくめるくらい」と市川にアドバイスするという力の入れよう。村上が好きだという「服を引っ張る仕草=裾ツンツン」も本に書かれているらしく、これも市川の協力を得て実践することとなった。

 すると村上は、「映画館に向かうも時間ギリギリで道に迷ってしまう」というシチュエーションを自ら考え始める。映画館と逆方向に行ってしまう村上を「間違ってるよ、こっちだよ」と服の袖を引っ張って引きとめる、という場面を実践したいと力説。しかし、村上の想像に反して市川が腕を強く掴んで引きとめたため、「ちょ、強いわそれは!」と指摘。村上の“あざとい”女性への強いこだわりが伝わる場面であった。

 このやり取りを見たファンからは、「あざといのとかキライそうなヒナが、“裾ツンツン”にやられるというギャップ!」「シチュエーションに細かすぎる感じがガチだった(笑)」との声が。また、「あざとい女性が好きなヒナがかわいい」「これじゃ女にすぐ騙されそう……そんなところがかわいいけど」と、あざとい女性に簡単に落ちてしまいそうな村上の純粋さに、ファンはかわいらしさを感じたようだ。

 同性からはあまりよく思われないことが多い“あざとい”女性を、堂々と好きだと公言した村上。それでもファンから好感を得ていたのは、村上自身が“あざとい”からなのかもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

梨花、ブランドの全国展開で”ファン離れとアンチ急増”の現実

  • 2017年04月26日(水) 12:00:57
  • ブログ

モデル・梨花(43)プロデュースのファッションブランド「メゾン ド リーファー」が、前日、名古屋と博多に立て続けにオープンした。名古屋店のオープニングイベントに登場した梨花は、「2年以内に店舗数は2ケタになると思う。全国に展開できれば」と、全国展開に向け意欲を語っており、実業家としての大成功をも手中に収めるべく、モデルとの二足のわらじが本格化しそうだ。

「メゾン ド リーファー」は、梨花がセレクトした洋服や雑貨などのオリジナル商品の販売を目的に、2012年に代官山に1号店がオープン。当初から梨花ファンを中心に人気を博しており、翌2013年には“オトナの女性”向けにファッション性を大幅に路線変更し、同年代女性からの支持を変わらずに受け続け大きく売り上げを伸ばしている。

 しかし、素材や国内工場での生産など、梨花のブランドに対するこだわりは次第に強くなり始め、2015年には商品の価格が全体的に2割程度値上がりしていた。同年にはオリジナルブランド「リーファー」を立ち上げたが、遥かに値上がりしている価格帯に、梨花ファンもさすがに手が出せないという声が上がっていたという。すでに少しずつファン離れが始まっているだけに、全国展開に向けた不安を少なからず覗かせているというのが現状だ。

「そもそも「メゾン ド リーファー」の人気も、ショップが代官山にしかなかったことで、全国の梨花ファンが押し寄せた結果、売り上げが立っていただけです。ショップが全国に立てばその希少価値が下がり、全体の売り上げも下がるのではと予想されています。このままの売り上げでショップをオープンし続ければ、客足が遠のく上に利益が下がることは間違いない。恐らく3年もすれば撤退に追いやられる可能性は高いでしょう」(アパレル関係者)

■ブランド展開も遊びのひとつ?

 梨花といえば、2015年からは、夫、長男と共にハワイに移住しており、モデル仕事の度に日本を行き来している。特に2015年は、上述の通りオリジナルブランド「リーファー」の立ち上げに際して、梨花自身が東奔西走していた時期でもあり、高額な同ブランドの商品に対して、「梨花の渡航費も含まれている」と揶揄されていた程だ。インスタグラムでも度々、ハワイで豪遊する様子をアップしているだけに、ブランドに対するアンチが増え続けているのも致し方ないと言えよう。

 すでにハワイで豪遊出来るほどブランドで一儲けは出来ているとも言われている彼女にとって、いつ撤退しても構わないくらいの心持ちなのだろうか。2店舗を同時期にオープンさせたのも、ブランドで出来る“ひと遊び”くらいにしか思っていないのかもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

「9日のドームで解散発表の可能性あった」ラルクアンシエル“内紛・解散”報道の裏に、事務所との確執

  • 2017年04月26日(水) 12:00:57
  • ブログ

今月8・9日に東京ドームで25周年ライブを開催したばかりの4人組ロックバンド・ラルクアンシエルの内紛・解散報道が東京スポーツで報じられた。それによれば、ラルクの象徴であるボーカルのhydeとリーダーでベースのtetsuyaが所属事務所に不満を抱いており、バンドを事務所から独立させる意向を持っているが、メンバーの意見がまとまらなければ解散もあり得るという。

「メンバーも事務所側も沈黙を守っていますが、両者の間に確執めいたものがあるのは確かなようです。報道を受けて、週刊誌が水面下で取材を開始。それぞれの内情を洗い直しています」(ワイドショー関係者)

 そもそも、ラルクと事務所の冷え切った関係は、今に始まったことではないという。

「過去には、ラルクのチーフマネジャーが“消えた”こともあったんです。2014年3月に開催した、東京・国立競技場で史上最多動員数を記録したライブのときのこと。当時、ラルクのチーフマネジャーは仕事の多さに忙殺され、ミスを連発していました。あまりのストレスに押しつぶされて限界を超え、ライブ当日に“失踪”。それから現在に至るまで、チーフマネジャーはいません。現場マネジャーはいますが、もともと宣伝志望のスタッフで、マネジャー経験ゼロでスタートした。日本のロックシーンの頂点に立ったのにこの扱いでは、メンバーが不満を持つのも当然でしょう」(音楽関係者)
20170426-94452.jpg

 事務所の公式サイトによれば、同社の従業員数は72人。経験豊富なスタッフをチーフマネジャーとしてつけることもできそうだが、事務所にその意向はないという。

 ちなみに、同じ事務所の後輩バンド・シドも、事務所に不信感を抱いているという。

「シドも、ラルクと同様にチーフマネジャーが不在の状態。現場マネジャーも2年ほどいなかったため、メンバーが『いい加減つけてくれないか』とキレたらしい。昨年末になって、ようやく現場マネジャーが配属されました」(同)

 また、同事務所所属のインディーズの若手バンドも、解散が相次いでいる。ギルガメッシュは昨年7月に解散、ダイヴは同10月、カメレオは今年6月に解散予定。

「若手バンドが次々と消えようとしていて、事務所の資質に疑問符がついています」(同)

 一方で、ラルクのメンバー間の関係性も微妙だ。hydeは昨年2月、ウェブ媒体に掲載されたインタビューで、メンバー同士の連絡について「ないですね。マネジャーを通じて」と告白。「もうずいぶん一緒にレコーディングしていないなぁ」と明かしている。

 それだけでなく、「バンドが続くこと自体、ほぼ奇跡なので。続いてるだけよしとしてくれないですかね、世の中の人は」とまで語っている。

「ラルクは、メンバーがみんな50歳近い。いい年だからベッタリ仲良しもおかしいけど、hydeのコメントは意味深です。実は、9日のドーム公演で解散を発表する可能性もあったそうです。スタッフが外部に情報を漏らしたことで、立ち消えになりましたが……」(ワイドショー関係者)

 hydeはそのドーム公演で、ラルクとして過ごした年月が人生の半分以上になったと振り返り、「その月日が長くなっていくといい」と話していたが……。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

峯岸みなみが「AKB48に居座る」宣言! 高橋みなみの“歌手活動大失敗”が影響か

  • 2017年04月26日(水) 12:00:57
  • ブログ

AKB48の最後の1期生である峯岸みなみが24日、情報番組『バイキング』(フジテレビ系)に出演。グループの卒業時期について言及した。

 番組では、峯岸の同期で同じ事務所に所属する小嶋陽菜のAKB48卒業公演を放送。これを受け、司会の坂上忍が「1期生はみなみちゃんだけなの?(卒業は)いつ?」と質問すると、峯岸は「いや、もう逆に居れるだけ居ようかな、みたいな」と“居座り宣言”。

 その理由を、峯岸は「やめて(ソロでやっていく)自信もないし、できることもないので、とりあえず居るだけは居ようかなみたいな」「ポジティブになったんですよ。1周回って。居てやろうかなみたいな。何を言われても」と語っていた。
20170426-94250.jpg

 峯岸といえば、昨年4月公開の映画『女子高』で初主演を務めるも、その後の女優業に繋がらず……。最近の女優業は、AKB48グループメンバー40人が1人ずつ主演を務めたショートドラマ『AKBラブナイト 恋工場』(テレビ朝日系)のみだ。

 また、昨年7月には『私は私 峯岸みなみフォト&エッセイ』(竹書房)を発売。発売記念イベントでは、「10万部売れたら、フンドシ姿になる」と宣言していたものの、初週売上部数は5,420部(オリコン調べ)と全く伸びなかった。

「昨年の選抜総選挙で4万票以上を獲得し、17位にランクインした峯岸ですが、フォトエッセイの発売により、ファンの少なさが白日の下に晒されてしまった。峯岸サイドは、“丸坊主謝罪”から復活を遂げた峯岸をアピールしたかったようですが、所属事務所もここまで人気がないとは把握していなかった様子。峯岸が卒業後の活動に希望が持てなくなるのも当然です」(芸能記者)

 AKB48総合プロデューサーの秋元康氏は、同グループを少女たちに用意した「芸能界への踏み台」と位置づけてきたが、卒業メンバーの惨状は言わずもがな。コンスタントに仕事があるのはごく一部のメンバーのみで、多くが芸能界にいても暇を持て余している状態だ。

「峯岸はチームKのキャプテンでもあるため、若手メンバーのファンは『こんな夢も希望もない先輩の背中を見て育ってほしくない』との憤りもあるようです。とはいえ、峯岸と同じ事務所の元AKB48・高橋みなみは、歌手活動で大失敗中。“人気がなくても、ダラダラとAKB48を続けているほうがラク”という考えに至るのも仕方ありません」(同)

 一時は、丸坊主事件で大注目を浴びた峯岸。あの日以上に脚光を浴びる日は、もう訪れなさそうだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

「立っているのもつらい」67歳を迎えた和田アキ子、腰痛悪化で『紅白』復帰への遠い道

  • 2017年04月26日(水) 12:00:56
  • ブログ

もう動かない仕事だけにしてほしい──」

 10日に67歳の誕生日を迎えた和田アキ子が、持病の腰痛に悩まされているという。
20170426-95603.jpg

「手術から20年近くになりますが、どうにもこうにも治る見込みはないようです。最近では、事務所関係者に『立っているのもつらい』と弱音をこぼしているみたいですよ。さすがに本番中は心配をかけたらいけないということで、コルセットとかそういった類いのものはしていないみたいですけどね」(テレビ局関係者)

 和田は1997年に腰痛で入院し、翌年には椎間板ヘルニアの手術を受けたが、完治はしていないという。

「セカンドオピニオンじゃないですけど、これまで20~30くらいの病院に行っているそうですよ。少しでもいいという話を聞くと、長野県など遠方の病院にも足を運んでいるようです。最近は年齢もあってか、普通に立ち話をしていても、しんどそうですね」(芸能事務所関係者)

 芸人などが多数出席する和田の誕生日会は恒例行事となっており、芸能界での影響力はいまだに衰えることを知らない。

「ただ、やはり体調は相当悪いみたいで、最近は現場に前任のチーフマネジャーまで来ていますからね。彼が来るのはよっぽどなので、みんな『相当悪いんだね』って話していますよ」(同)

 そんな和田も、今年10月にデビュー50周年を迎える。

「本人はもう一度、NHK『紅白』に復帰したいようで、それだけが今の目標だそうです。そのために、あまり体を酷使しないように仕事を選んでいるみたいですけど、肝心の歌のヒットがありませんから、難しいかもしれませんね」(同)

 果たして年末のNHKホールで、あの歌声が聞けるのだろうか――。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【フライデー】中居 解散後初共演で香取に「子供がいたんだってな」とイジる

  • 2017年04月26日(水) 12:00:00
  • ブログ

http://eviannews.com/blog-entry-56876.html



中居正広が22日、同じ元SMAPの香取慎吾が司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜、後11・05)にゲスト出演した。昨年大みそかのグループ解散後、メンバー同士がテレビで共演するのは初めて。中居が香取の“隠し子報道”(※本人は完全否定)をイジるハプニングもあった。


 「どうもこんにちは、よろしくお願いします」(中居)、「こんばんは」(香取)と互いに含み笑いでスタート。週刊誌で“隠し子疑惑”が報じられた香取に向かい、中居が「お前、子供がいたんだってな。なんで俺に言わなかったんだよ」とヒヤリとする発言。香取は「友達の子だ、ってここ(この番組)で言ったんだよ。いいんだよ、それは」というやりとりもあった。とんだサプライズだったが、香取は困りながらも楽しそうにも見え、中居に全幅の信頼を寄せているようだった。

 中居は「おれ、コイツのこと何でも知ってる」とにじみより、「慎吾から昔もらった」というバッグから優香の写真集などをごそごそと取り出し、プレゼント。「コイツ、優香の大ファンだったんだよ」と明かすと、香取は「結婚したんだよ、おめでとう」と昨年6月、俳優・青木崇高と結婚した優香を祝福し、中居の攻撃をかわしていた。

 15日の同番組で香取は「(中居が)ついにゲストとして初めて。来週か~。久々に会います」と対面を楽しみにしていた。

 香取は1月にフジテレビ系「おじゃMAP!!」で草なぎ剛と共演したが、この時は事前収録のロケだった。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking