ニュースヘッドライン

嵐のコンサート半券にも高値が!? 加熱するジャニーズのプレミアグッズ市場

  • 2014年03月12日(水) 23:01:55
  • ブログ

ジャニーズの「プレミアグッズ」市場が相変わらず加熱している。入手が困難なコンサートチケットは言うまでもなく、人気グループの初回限定盤CDやDVDが数年経てば定価の10倍や50倍という値を付けるのは珍しくない。

 そんなジャニーズの中でも現在、圧倒的な高値を付けているのは嵐だ。今でこそ国民的スターとなった彼らだが、デビュー当初はそこまでの人気はなかった。それだけに、当時の関連グッズは生産量が少なく、プレミア価値を高めているのだ。

 とくにデビュー当初の限定版は信じられないほどの金額を付けている。現在はファンクラブ会員数から100万人以上と言われる嵐ファンだが、デビュー当初は数万人規模だった。当時、数万点しか販売されなかった「限定グッズ」を現在、その何十倍ものファンがこれを求める計算になる。価格が高騰するのも無理はない。

 現在でも嵐のコンサートチケットは、10倍や20倍で当たり前に取引され、ファン同士のみならず、禁止されている転売やダフ屋の大きな儲けどころにもなっている。定価5000円前後のチケットが最低でも3万円以上、5万円前後でも飛ぶように売れるのだから、彼らにとってもこんなオイシイ商売はない。

 しかし、嵐がすごいのはこれだけではない。コンサートのチケットはたとえ開催後であっても、かなりの値が付くのだから異常だ。たとえば嵐のコンサートチケットは、未使用チケットなら数千円から数万円の範囲で取引され、使用後の「半券」でも数百円から数千円の値が付く。ここまで来ると一般人には理解不能な世界だ。

 さらにジャニーズらしい、嵐らしいプレミアグッズがある。それは、雑誌や新聞の「切り抜き」だ。ファンなら一つ二つではなくそこそこ大量の記事をスクラップして保存しているが、これは熱狂的なファンにはお宝グッズになる。ヨレヨレになった雑誌やスポーツ新聞スポーツから切り抜いた写真や記事でも数百円の需要があり、珍しいものでは数十万円になる価値を秘めている。

 ジャニーズのファンからすれば、好きなアイドルに関するものは捨てる部分がないのだろう。使用済みのチケットにしてもお宝化するし、ファンが個人的に制作した切り抜きのスクラップブックも内容が充実していれば信じられない金額になる。ジャニーズを本気で応援しようと思えば相当の資金が必要になるが、彼女たちは自分のお宝を切り崩しながら、追っかけの活動費を稼いでいる。ジャニーズのプレミア市場は、そんな熱心なファンによって形成されているのだ。

hiramoto.jpg

「帰ってきたカルチャースタァ☆平本淳也」

Profile●ジャニーズ出身の実業家、作家、投資家。10歳でジャニーズ事務所から芸能界入り、30歳過ぎまでアイ ドルを続け、現在もテレビや雑誌で活躍を続けるなか、月間100万アクセスを獲るカリスマブロガーとしても知られる。22歳のときに物書きデビューして以 来、34冊の書籍を発表。http://ameblo.jp/junya-hiramoto/

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

FC2 Blog Ranking