ニュースヘッドライン

ラサール石井の嫁に非難の声!激しい浪費で貯金を食いつぶす生活ぶりに「金目当て婚」と厳しい声が…

  • 2013年10月31日(木) 23:00:30
  • ブログ

http://keywordjiten.seesaa.net/article/379022577.html



昨年、32歳年下の女性と結婚したラサール石井。
交際わずか4ヶ月の年の差婚には心配の声が上がっていたが、そのラサール石井の嫁の生活ぶりが酷すぎると話題になっている。
あまりの浪費ぶりに「やっぱり金目当てだった」との厳しい声が。
批判されているラサール石井の嫁の浪費ぶり


昨年、交際4か月で当時女子大生だった32歳年下の女性と結婚したタレントのラサール石井(58)。“愛する妻のためにお金を使いまくる”ことに生きがいを感じているようで、今年の6月には80歳までのローンを組んで新居を購入したそうだ。

10月28日放送の『私の何がイケないの?』(TBS系)では、ラサール石井が6000万円で購入したという3LDKの自宅をVTRで紹介した。入居に際し、300万円ほどかけて家具を新調。部屋の中には、妻の趣味だという骨董の花瓶や絵画があちこちに飾られている。

骨董品収集が趣味だという妻のために、石井はこれまで200万円くらいお金を出しているそうだ。また毎週彼女に洋服をプレゼントすると言い、VTRでは数点で10万円ほど支払っている石井の姿があった。

「私くらいの年の人が若い人と結婚したんですから、“甘やかす”でしょ?」と笑顔で話す石井。2011年の1月に32年間連れ添った妻と離婚した際、彼の手元には3000万円ほどの貯金が残っていたという。その貯金のほとんどが新居の頭金や家具の購入、妻のために購入した骨董品や洋服代で消えてしまったと語る。

「彼女の言うことを100パーセント聞く」と話す石井だが、このような贅沢な暮らしを続けるには相当な収入を維持しなければならないことは明白だ。

番組で介護問題を専門家から指摘されると、石井の妻は「今の自宅は介護しやすい間取りに変更できるんです」と答えていた。しかし20代半ばの彼女が過酷な介護の実態を、どこまで理解できているか。もし介護のプロに手を借りるなら、相応のお金がかかる。

石井が人生の終わりまで彼女と一緒に暮らしたいのなら、これから馬車馬のように働かなければならないのだろうか。
http://news.livedoor.com/article/detail/8203093/
http://keywordjiten.seesaa.net/article/379022577.html

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

FC2 Blog Ranking