ニュースヘッドライン

ジャニー社長、入院前日まで「仕事していた」!? 「すぐ元気になる」と関係者が信じるワケ

  • 2019年06月21日(金) 00:00:59
  • ブログ

 6月19日配信の「東スポWeb」が、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏の「都内病院への救急搬送」と「入院」を報じた。同紙によると、ジャニーズ関係者も「入院」の事実は認めているというだけに、業界関係者は騒然となっているようだ。

「報道によれば、ジャニー社長は18日の昼過ぎに倒れて病院に搬送され、そのまま入院した模様。事務所サイドはメディアに対して『大丈夫だから』と、大事は至らないといった説明をしているものの、ジャニー社長は87歳と高齢ですし、倒れた原因や現在の容態を公にしていないため、関係各所から心配の声が出ています」(テレビ局関係者)

 近年、業界内で、ジャニー氏の体調が不安視されていたのは「事実」だと、週刊誌記者は語る。

「80代に入ってから、『車椅子で移動している』と報じられるようになったジャニー社長ですが、仕事は継続していた。ここ最近もほぼ毎日、劇場やNHKに顔を出して、ジャニーズJr.のダンスや演出をチェックし、しっかりとダメ出しも行っていたといいます。そんな調子で入院前日まで、いつも通りに仕事をこなしていたそうです」(週刊誌記者)

 またジャニー氏は、関係者との食事の席では、このところほとんど食事に口をつけず、水ばかり飲んでいたという。

「周囲にはシャンパンを振る舞って『僕はもう死にますからね』と、笑顔で冗談を言うこともあったとか。そんな姿を見ていた親しい関係者ほど、『ジャニー社長はすぐ元気になるはず』と信じているようです。また、来年開催される東京オリンピック・パラリンピックに、何らかの形でジャニーズ事務所が関わることは、ジャニー社長の悲願。近頃は、誰かと話すたびに、必ずと言っていいほど『東京五輪は……』と口にしていただけに、全芸能関係者が、ジャニー社長の夢の実現を祈っています」(芸能プロ関係者)

 まずはジャニーズ事務所からの公式発表が出ることを待ちつつ、ジャニー氏にはしっかりと休養した上で、再び元気な姿を見せてほしい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking