ニュースヘッドライン

カラテカ・入江慎也だけ、なぜ吉本と契約解消? 宮迫、ロンブー亮も振込詐欺グループに闇営業

  • 2019年06月07日(金) 00:00:48
  • ブログ

複数の吉本芸人が振込詐欺グループの忘年会に参加し、“闇営業”を行っていたことを、6月6日配信のウェブサイト「フライデーDIGITAL」、翌7日発売の「フライデー」(講談社)が報じている。いずれもカラテカ・入江慎也の仲介で、各スポーツ紙の報道によると、芸人たちは入江も含めて「グループの実態は把握していなかった」というが、事態を重く見た吉本サイドは、入江との契約を同4日付で解消していたことが判明した。

「記事によると、入江は2015年6月に摘発された詐欺グループの幹部と知り合いだったため、彼らが逮捕される約半年前に行われたグループの忘年会に参加したとか。そこで入江は“サプライズゲスト”として、同じ吉本所属の雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ・福島善成などを呼び、自身は司会を担当したということです」(スポーツ紙記者)

 同誌は忘年会の動画も入手しており、誌面には映像を切り取った写真が複数枚掲載されている。吉本サイドは、ほかの芸人たちにも「厳重注意処分」を科したというが、本来禁止されているはずの闇営業に参加していたということから、ネット上では「なぜ入江だけが契約解消に?」という疑問の声も出ている。

「同誌には、芸人たちには1人あたり100万円のギャラが支払われていた、という証言も出ていましたが、直撃取材を受けた宮迫は、入江の仲介だったことは認めつつ、『ギャラは受け取ってない』と回答。これが事実であれば、入江は数百万円を自分のポケットに入れたことになり、そしてその出どころが『詐欺グループの資金』となると、入江のやったことは『反社会的行動』と言えます。入江に重い罰が科されたのは当然でしょう」(同)

 吉本関係者は、入江について「契約解消」と説明しているが、“黒い人脈”の忘年会で闇営業を行ったことに加え、ほかの芸人の仲介役まで請け負っていたという点から、実質的に“解雇”に等しい処分を下したようだ。

「忘年会に参加した当時、入江は『友達5,000人芸人』とのキャッチフレーズで、その人脈を駆使したビジネス展開を行い、大々的にアピールしていました。自身が代表を務めるコンサルティング会社『イリエコネクション』を設立したのもこの時期で、入江は『ビジネスマン』と『吉本芸人』の二本柱で活動していた。しかし、人脈を広げる中で『気付かぬうちに反社会勢力ともつながってしまった』という言い訳は通用しないでしょう」(テレビ局関係者)

 入江やカラテカの今後については、現段階で公式発表は行われていない。芸人の肩書を失い、唯一の武器となるはずの“人脈”にも大きな傷がついてしまった入江の動向に、注目が集まる。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking