ニュースヘッドライン

関ジャニ∞安田章大が「ジャニーズやもん」と結婚否定も「してええねんで」、ジャニーズの結婚解禁時期は?

  • 2019年06月05日(水) 00:00:59
  • ブログ

「いや、ジャニーズやもん」――この一言を、安田章大(34)はいったいどんな思いで口にしたのだろうか……。

 6月1日に放送された音楽バラエティ番組『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)での安田の発言が話題になっているようだ。この放送回で小学生にビジネス用語を教えるコーナー「関ジャニ∞先生!」のゲストとして登場したのはFUJIWARAの藤本敏史。藤本といえば、妻はタレントの木下優樹菜。ふたりの間には現在6歳と3歳の女の子がおり、いまや藤本と木下はすっかり芸能界の<おしどり夫婦>として有名となっており、夫婦で共演することも多い。

 すでに子どもの扱いに慣れている藤本がゲストとしてやってきたことに、安田が「それ、ずっこいですよね。知ってるじゃないですか、対応の仕方を」と文句を訴えると、藤本は「じゃ、結婚して子ども作ったらええがな」と返した。すると安田は「いや、ジャニーズやもん!」と即答。安田のこの「ジャニーズやもん」発言に、その場にいた横山裕(38)は「(結婚)してええねんで」と小声でつぶやき、それがそのままオンエアとなった。

 物議をかもしているのは、この安田の「ジャニーズやもん」発言。「ジャニーズだから」「夢を売るアイドルだから」「結婚や恋愛はご法度」――おそらく安田はそういう思いを込めて放った一言だったのであろうが、ファンはこの言葉をどう受け止めたのだろうか。ネット上には「(安田は)結婚はまだしないんだなと、安心感」「結婚してもいい。あなた(安田)の幸せが大事」「いい人がいたら、(結婚)してほしい」など様々な意見が寄せられている。

横山は38歳。この発言には大人の男としての説得力があり、かつ奥深いものがあると筆者は感じた。なお、横山のこの発言のあとにメンバーの丸山隆平(35)が「横山くんはどういう匂いが好きなんですか?」と質問。それに対して横山は「それを求めてんねや」「見つかった時に結婚するんやろうね」と話したのである。横山のこの答えに対して「なんかリアルだ……」「結婚する、だなんてテレビで言ってほしくなかった」など、ショックを受けたファンは少なからずいるようだ。

 「結婚」について話したり、匂わせるような発言をすると毎度毎度ネットで騒がれてしまうのは、ジャニーズアイドルの宿命だろう。だが、時代はいろんな意味で確実に変わってきている。事務所もファンももうそろそろ、ジャニーズアイドルとはいえ<恋愛><結婚>を解禁してあげてもいいのでは、という風潮もある。10代~20代で「これからファンを増やす!」という使命を帯びた時期はともかく、30代後半になっても結婚ご法度というのは、さすがに厳しい。彼らとて、生身の人間なのである。

 本人に「俺は結婚とか子どもとか興味ない。そんなことに縁がなくってもいいから、アイドルとして生きていきたい」と強い意思があるのなら話は別だが、そうではなく本人が「結婚したい」と思うほどに好きな人が現れたのだとしたら……事務所もファンもできれば「よかったね」と受け止めてあげてほしい。「この人と結婚したい」という強い感情を持てることなんて、人生でそうそう何度もないこと。しかも、自分がそう思った人が、同じく「結婚したい」と思ってくれるなんて、これはけっこうな奇跡なのだから。

 伊藤綾子との結婚が近いとカウントされている嵐の二宮和也をはじめ、30代のジャニーズアイドルたちを熱烈に愛するファンが複雑な心境であることもわかる。しかしここ数年で外野から見ても不協和音が鳴り響いているように見える、ジャニーズ事務所。今までのような強硬姿勢では「ついていけない」と感じる所属タレントもまだ増えるのではないか。帝国の崩壊、なんてことになる前に、タレントのプライベート管理についても、方針を見直す時期に来ているのかもしれない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking