ニュースヘッドライン

田口淳之介、転落の裏に「闇カジノにハマった」元俳優Xの存在……小嶺麗奈のブラックな人脈

  • 2019年05月30日(木) 00:00:59
  • ブログ

5月22日、元KAT-TUN・田口淳之介と交際相手の小嶺麗奈が大麻取締法違反の容疑で逮捕されたが、各マスコミは現在、小嶺の元恋人だという“飲食店オーナーの元俳優X”なる人物を、しきりに報道している。“特撮ヒーロー番組”に出演したことがあるというXは、小嶺がブラックな交際から薬物に手を染めるまでの“キーマン”として語られているのだ。事情を知る一部業界関係者は、「Xがいなければ、田口と小嶺は出会っていなかった」とも話しているそうだが……。

 Xは芸能活動から離れた後、六本木に「A」というサパークラブをオープン。すでに閉店しているものの、一時期は芸能関係者やIT企業関連の大物、また“ブラック”な界隈の人物までが集う、“社交場”として有名だったそう。

「『A』は、六本木によくある派手な店構えではなく、どちらかといえばスナックのような庶民的な雰囲気でしたが、今では超大物になった人物が常連客にいました。20年も前の話ですが、楽天の三木谷浩史会長やサイバーエージェントの藤田晋社長の姿を見かけましたよ」(飲食店関係者)

 そして同店に出入りしていた小嶺がXの恋人ということは、公然の事実だったそうだ。

「田口も一時期Aに通っていたみたいなので、小嶺と出会ったのもAだったのでは。二人は仕事上での共演経験もなかったようですしね。Aは“芸能人専用価格”が設定されていたので、若手芸能人には居心地がよかったんでしょう」(同)

 Aは芸能人客に対してのみ、「飲み放題3,000円」といった、特別料金が用意されていたのだとか。

「今では六本木界隈だけでなく、渋谷にもこのような業界関係者が集うお店は増えましたが、Aはその走りと言えるでしょう。また、今で言う“ギャラ飲み”(参加した女性に男性が謝礼を支払う飲み会)も当時から行われていました」(同)

 Aで接客もしていたというXだが、「闇カジノにハマったものの、薬物には手を出していなかった」という証言も聞かれる。

「ギャンブルにハマったXは常にお金に困っていて、多くの関係者に金を無心していたんです。最終的には、反社会的勢力の客とトラブルを起こし、10年くらい前に文字通り“失踪”。小嶺に薬物を教えたのは、Xではなく別の常連客だと言われていますが、悪の道に引きずりこんだことには変わりありませんけどね。ひいては田口もこのXの影響で、転落の道を歩むことになったのでは」(IT企業関係者)

 薬物に加えて、裏カジノに反社会的勢力――現役ジャニーズ時代から、闇の世界に片足を突っ込んでいた田口は、一体何を考えて行動していたのだろうか。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking