ニュースヘッドライン

吉田沙保里の芸能活動は、レスリングとは違って茨の道? 今、重宝されているアスリートタレントは

  • 2019年05月04日(土) 00:00:16
  • ブログ

個性が重視される芸能界で、ここ最近注目を集めているのがアスリートタレントだ。スポーツをしている時とは少し違う天然な面や、アスリートならではの強気発言が世間に受け、製作者側もここぞとばかりにアスリートタレントを使う傾向にある。

 その中でも今、注目を集めているのがレスリングの吉田沙保里だろう。今年1月に現役を引退して以降、バラエティ番組にひっぱりだこ。現役時代のイメージも良いことで老若男女に受けるタレントだが、ここへ来て吉田の評判が思わしくないというのだ。

 「吉田さんは国民栄誉賞を受賞するほどの功績を持つにも関わらず、飾らない性格でいじられキャラに徹することもできます。そのため共演者からの評判もよかったのですが、最近はテレビに出すぎることで視聴者から嫌悪感を抱かれているようです。というのも、あれほどの経験と実績を持つのだから、レスリングで後継者を育てて欲しかったと思う人が多いんですね。また、NEWSの増田貴久さんのファンを公言していることでジャニーズファンから反感を買っているという面もあります。現役時代から公言していますが、芸能界に入ってさらに距離感が近くなったことで、あまりよく思われていないのでしょう」(芸能記者)

 そんな吉田とは対照的に、今後も長く芸能界にいられそうなアスリートもいる。

 「サッカーの丸山桂里奈さんや、フィギュアスケートの村上佳菜子さんはすっかりお茶の間に馴染んでいます。丸山さんも国民栄誉賞受賞者ですが、アスリートとしてのイメージが強くないので、吉田さんのように後継者を育てて欲しいという過度な期待がないんですね。村上さんもスケートへの熱が冷めたことで引退を決意したと語っていますし、世間にタレントとして受け入れられやすかったという点が大きい。丸山さんも出始めの頃はバッシングも多かったですが、他にないキャラクターを確立していて、替えのきかない存在になっています」(前出・同)

 ちなみに、女性アスリートタレントとして最初に活躍したのは誰なのだろうか。

 「ボクシングの具志堅用高さんや輪島功一さんなど、男性アスリートタレントは多くいましたが、女性アスリートタレントはそこまで多くなかった。先駆けとなったのは、マラソンの松野明美さんでしょうね。個性的すぎるキャラクターで芸能界に上手に入り込み、女性アスリートは面白いということを印象付けました」(前出・同)

 アスリートにとってのセカンドキャリアに、タレントという道が加わりそうだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking