ニュースヘッドライン

加藤綾子が困惑?TBS新人“激似”アナ、「カトパン呼ばわり敵視」の真相!

  • 2019年04月17日(水) 09:00:40
  • ブログ

今や業界屈指の人気を誇るフリーアナウンサーの加藤綾子(33)に対し、「ケンカを売った」として話題沸騰中の女子アナがいる。

「まさかTBS入社2年目の良原安美アナ(23)の口から“カトパンへの挑発”が飛び出すとは思いもよりませんでしたよ」

 とは、テレビ関係者の弁だが、良原アナといえば学生時代からフリーアナとして活動していたTBS期待のホープ。彼女が加藤を挑発したという4月7日放送の「サンデー・ジャポン」を振り返ってみたい。

 番組の「新人ジャーナリスト」として福島県を訪れ、「御朱印」を販売している人物を取材した良原アナ。

「日頃、人生相談を行いながら接客している」と聞き、彼女も悩みを相談したのだが──。

「ここで良原アナは苦々しい顔をしながら『カトパン(に似ている)説がいちばん悩みですね』と言い放ったんです。さらにその後もアナウンサーとして大先輩である加藤について『加藤さん』と言わずに『カトパン』と連呼したため、番組を見た関係者の間で、『ここまで挑発していいの?』と問題視されているんです」(前出・テレビ関係者)

 実際、以前から彼女の「カトパン激似説」は噂になっていたようだ。

 女子アナ評論家の春山マサハル氏が語る。

「彼女は立教大学に通いながらフリーアナとして『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めていたのですが、思い返せばその頃から『カトパン似の女子大生がいる』と話題になっていましたね」

 気になるのは、良原アナがそこまでカトパンを敵視する理由だが‥。4月16日発売の「週刊アサヒ芸能」4月25日号は、知られざる因縁エピソードを大発掘。挑発行為の謎を解き明かしている。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking