ニュースヘッドライン

テレ朝の元女子アナ、“禁断の”不倫スキャンダル発覚 異例尽くしで出世頭だった?

  • 2019年04月16日(火) 21:00:04
  • ブログ

テレビ朝日の元アナウンサーで、現在は政治部記者を務めながら、同局の看板番組「朝まで生テレビ」の司会を務めている村上祐子氏の不倫疑惑を、発売中の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。

 村上氏は2001年にテレビ朝日入社。アナウンサーとして15年間活動した後、2015年7月よりアナウンス部から報道局政治部へ異動となっていたが、11年から現在まで「朝生」の司会を務めている。

 私生活では、2006年1月、「やじうまプラス」で共演していた、当時はアナウンサーで、現在は同局法務部所属の弁護士である西脇亨輔氏との職場恋愛が発覚。同年4月29日に結婚していた。

 「女子アナ時代から政治に関心が高く、『朝生』のメインMCの田原総一朗氏に気に入られていた。そのため、政治部に異動後も異例の司会続行。将来、政治部の中でもかなり出世するのではと言われていた」(テレ朝関係者)

 同誌によると、村上氏は4月中旬、都内で花見デートを楽しんでいたというが、一緒にいたのは夫ではなく、NHKの政治部で野党の番記者を務める、村上氏より10歳近く年下の記者。

 その夜、2人は男性の自宅マンションに向かい、村上氏はそのままお泊まり。政治部に異動後、西脇氏と別居。デート相手と同棲状態だが、まだ離婚は成立していないというのだ。

 「テレ朝といえば、現在、『報道ステーション』でキャスターを務める徳永有美アナウンサーが局アナ時代の03年に、現在の夫・内村光良との不倫が発覚。16年には、田中萌アナウンサーと既婚者の同局・加藤泰平アナウンサーの不倫が発覚。どうやら、“不倫文化”が蔓延しているようだが、しばらく干されることになっても、退職にまで追い込まれることはないだろう」(芸能記者)

 次回の「朝生」に村上氏が出演するかが注目される。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking