ニュースヘッドライン

ピエール瀧に続く…捜査員が秘かに追う「薬物芸能人」リスト(3)内偵が進む紅白出場経験者

  • 2019年04月15日(月) 21:00:58
  • ブログ

近年では瀧容疑者以前にも、14年のASKA(61)や16年の清原和博(51)の薬物での逮捕が世間を震撼させた。その「清原事件」では、なんと“共犯者”が存在していたと現場周辺でささやかれているのだ。驚くことに、司会もこなすマルチタレントNの名が挙がった。

 事情を知るアウトロー関係者が明かす。

「清原は群馬まで遠征して調達に行ってたよな。その車の助手席にNの姿が目撃されてんだ。キャップをかぶってても、タレントオーラでわかったってよ。もう一人のタレントと3人で連れだって購入して、群馬のホテルに女を用意させたってな。聞けば、Nは自分の地元でも昔からアブリをやるって、ヤクザの間で有名だった」

 テレビで見る陽気な姿からはにわかに想像できないが、長年Nを追ってきた芸能記者も追随する。

「確かにNに関しては、芸能界デビューする前から地元でヤンチャしてたともっぱらです。アウトロー関係者との交遊も目撃されている。元カノの歌手Kとつきあっていた頃は、Kが2人分のシャブを買っていたとも噂され、都内“シャブ抜き病院”でのN目撃情報もある。私生活でもお騒がせのミュージシャンSが地元の後輩ですが、『Nさんはめっちゃ怖かった。パシリにさせられていた』と話していますし、Sがシャブの調達役だったと言われています。Sはバツイチで、現在は元タレントYと交際していますが、前妻およびYも“シャブSEX”に溺れさせられたのではないかと心配されている。Sルートを解明したら音楽関係者に波及し、とんでもない広がりを見せるかもしれません」

 そんな音楽業界で、現在、マトリが本気で内偵を進めているというのが、歌姫MとミュージシャンNなのだという。どちらも紅白出場の経験を持つ、誰もが知る実力派である。

「Mの名前は意外でしたが、やせすぎていると思わせるほどスレンダー体型を維持しています。その裏でシャブに手を染めていたとなれば驚きですが、あんなにラブラブをアピールしていた旦那との離婚も、シャブが一因だった可能性がありますね」

 一方のNはすでに覚醒剤使用で逮捕の過去があり、近年ではNに近い関係者も逮捕されているという。再犯となれば大きく物議を醸すことになる。

 逮捕で全てを失う薬物汚染。捜査員の足音が聞こえるまでに、きれいに足を洗ってもらいたいものだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking