ニュースヘッドライン

現場で「ハグ連発」!長澤まさみが映画「キングダム」“最大の功労者”な理由

  • 2019年04月13日(土) 00:00:33
  • ブログ

大ヒットコミックの実写化ということもあって、現段階ですでに注目度急上昇の話題作となっている、4月19日公開の映画「キングダム」。

「原作者の原泰久氏も『大感動』『5回泣きました』という納得の出来で、かなりの興収が期待されています。ただし、主人公・信役の山崎賢人の熱演が注目されがちですが、関係者からは『作品に最も貢献したのは楊端和を演じた長澤まさみ』との声が聞こえてくるんです」

 とは映画ライター。いったい、長澤がどんな働きをしたというのか。

「山崎はまだ若く、現場は長澤と高嶋政宏の東宝芸能所属の2人を中心に人が集まる雰囲気でした。その長澤は最近、特に“女ボス化”が進んでいて、ドラマや映画の撮影現場で誰彼構わずハグで出迎えるようになっています。変態紳士とも呼ばれる高嶋が強烈に仕掛ける下半身ネタにもガハハ系のリアクションで実にサバサバしたものですが、ハグされる側の男性キャストやスタッフたちは、いつもドキドキ。長澤の豊かなバストがムギュッと押し付けられるわけですから、たまりませんよね」(前出・映画ライター)

 そんな長澤のおかげもあってか、現場は常にハイテンション状態。大人気の原作コミック同様、勢いのあるアゲアゲな作品となったというのだ。

「今回の作品では、まだ連載中のコミックのほんの触りしか描けていません。当然、続編が製作されることになりそうですし、人気キャラクターを魅力的に演じた長澤を主人公にした、オリジナルのスピンオフ作品も検討されていると囁かれているとの話も聞きます」(映画誌編集者)

 それにしても、長澤のハグは、ただただうらやましい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking