ニュースヘッドライン

木村文乃 新時代サプライズDカップ美乳ヘアヌード写真集①

  • 2019年04月12日(金) 00:00:24
  • ブログ

「フェロモンが、年々増してきているように思います。きっと、充実したエッチをしているに違いありません」(芸能レポーター)

 先頃放送されたフジテレビ開局60周年スペシャルドラマ『大奥 最終章』で主演を務めた、美人女優の木村文乃(31)。

 「幕府財政の再建を目的とした『享保の改革』を行い、“暴れん坊将軍”としても有名な徳川吉宗の時代が舞台でした。徳川家の基盤を立て直した吉宗のことを、陰ながら支え続けた久免の半生を木村は見事に演じ切りました」(ドラマ制作スタッフ)

 放送前に行われた会見では、共演の鈴木保奈美、小池栄子らと作中で使用した豪華絢爛な着物姿で登場した木村。
「23ポーズを着させていただきました。ファッションショーみたいでした」
 と笑顔を見せた。

 「出演者の衣装の総額は1億円を超えていました。木村は、万に一つも下着の線が出てはマズイからと、収録には“ノーパン”で臨んだようです」(プロダクション関係者)

 しかし、平均視聴率は6.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と1ケタ台に終わってしまった。
「最低でも2ケタは欲しかったなんて声もありますが、昨今の“ドラマ不況”の中では仕方がありません。それより、今後の木村文乃に大注目です」(テレビ局関係者)

 木村は1987年10月19日、東京・西東京市出身の31歳。
「今でも名前が似ているところから、“木村佳乃の妹? 親戚?”と聞かれることがあるようですが、佳乃とは、まったくのアカの他人。東京とはいえ、キャベツ畑に囲まれて育ったという“田舎っ子”です」(芸能ライター・小松立志氏)

 幼い頃は、天然で面白い子だったという。
「バウムクーヘンを食べる時は、必ず外側から層を1枚ずつキレイに剥がして食べていたそうです」(同)

 心配した母親が、木村を剣道教室に通わせたという。
「小学校に入ってすぐのことです。13歳で初段を取るとやめてしまいましたが、殺陣には自信があるようです」(芸能関係者)

 木村が女優としてデビューしたのは、2006年の映画『アダン』だった。
「応募者3074人の中から、オーディションでヒロイン役を射止めました。年齢(当時17~18歳)の割には、落ち着いた“オトナの女の色気”を持っていたところが決め手となりました」(映画ライター)

 実在の画家・田中一村の半生を描いた映画『アダン』。その主な舞台である鹿児島・奄美大島の“野生と美の象徴”としてのヒロインを演じたのが木村だった。

 「監督からの“島の子になりきって”との指示に素直に従い、早めに島に入って役作りしました。毎日、肌を焼いて真っ黒になり、涙を流しながら入浴していましたが、カメラの前に立つと、そんな素振りは微塵も見せず無難に乗り切りました。“根性のある子”と、ベテランスタッフの間でも評判になったそうです」(映画ライター)

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking