ニュースヘッドライン

宇垣美里、オスカー所属も「芸能生活が安泰」ではない!?

  • 2019年04月11日(木) 11:00:39
  • ブログ

元TBSの宇垣美里アナがこの4月から、大手芸能事務所・オスカープロモーションの所属となった。同社の公式サイトにはさっそく宇垣の個人ページも開設されているが、ここで興味深い事実が垣間見られるという。芸能記者が指摘する。

「宇垣は医師や芸術家などの文化人が多い『文化事業部』ではなく、米倉涼子や上戸彩らがいる『ドラマ部』の所属となっています。つまりオスカーでは宇垣にアナウンサーの仕事だけではなく、女優やバラエティ番組など幅広い活躍を求めているわけです。その意味では宇垣はTBSを退社してフリーアナになったのではなく、アナウンサー出身のマルチタレントに転身したと言えるでしょう」

 これも宇垣の美貌と人気に高い期待が懸けられている証拠だろう。現時点ではまだタレントとしての出演はほとんど発表されていないものの、今後は各種の番組で宇垣の姿を見る機会も多くなりそうだ。だが、業界大手のオスカーに所属したからといって、宇垣の今後が安泰だとは言えないというのである。その理由を前出の芸能記者が解説する。

「オスカーといえば、一部で“ゴリ押し”とも称される強力なキャスティング力が持ち味。その期間に実力を身に着けたタレントが、その後も“売れっ子”として重宝されますが、結果を出せずにいた場合、開店休業状態に陥ってしまう危険性もあります。宇垣については、以前、報じられた“コーヒー投げつけ事件”のようなトラブルを起こした日には、飼い殺しされてしまう恐れも十分にあるはず。当然ながら、大手芸能事務所に入ったから一安心とはいかず、しばらくは仕事にまい進する姿勢が重要になってきそうです」

 アナウンサーを辞めたらただの美人だった、なんてことにならないように頑張っていただきたいものだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking