ニュースヘッドライン

亡くなった内田裕也さん、“破天荒”な生き方と伝説のエピソード

  • 2019年03月19日(火) 20:00:49
  • ブログ

ロック歌手・内田裕也(本名・内田雄也)さんが17日午前5時33分、肺炎のため79歳で都内の病院で死去したことを、一部スポーツ紙が報じた。

 内田さんは2016年11月、英・ロンドンのホテルの浴室で転倒して尾てい骨を強打。2017年夏には転倒して右足甲を骨折。同11月に脱水症状で緊急入院し、その後は車いす生活。

 記事によると、遺体には、俳優の本木雅弘の妻で、長女で女優・エッセイストの内田也哉子らが寄り添ったのだとか。葬儀は近親者のみの家族葬で営まれ、後日、お別れ会が執り行われる。

 プライベートでは73年10月に、昨年9月に亡くなった樹木希林(当時は悠木千帆)さんと結婚。樹木さんの後を追うように亡くなってしまったが、破天荒な結婚生活を送っていた。

 「内田さんの家庭内暴力もあって1年半で別居生活に入り、以後、43年別居していたが、家賃はきちんと樹木さんが支払っていた。それでも、何が不満だったのか、81年には内田さんが一方的に離婚届を提出したが、希林さんが訴訟を起こして離婚成立を阻止したこともあった」(ベテラン芸能記者)

 77年に大麻取締法違反、83年に銃刀法違反、2011年に愛人との関係をめぐって強要未遂と住居侵入容疑でそれぞれ逮捕された。また、91年には東京都知事選に出馬し落選した。

 「大麻での逮捕時、『アルコールよりも健康的』と堂々と言い放った。都知事選の政見放送では、得意のフランス語でまくしたてるという“伝説”を残した」(同)

 破天荒すぎた内田さん。これまでNHKの紅白への出場経験はなく、2013年9月13日放送のNHK「あさイチ」出演時、「いつか紅白に出て見返したい」と語ったが、その願いはかなわぬまま帰らぬ人となった。合掌。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking