ニュースヘッドライン

工藤静香、Koki,ファンに自分のサインプレゼント! マスコミは「娘の足引っ張ってる」と苦言

  • 2019年03月17日(日) 12:00:57
  • ブログ

ウェブサイト「女性自身」が3月14日、工藤静香の“神対応”を称賛する記事を配信したが、ネットユーザーの間では「静香が出しゃばってるよ」と嘲笑の嵐になっているという。

「工藤といえば、本人が歌手や画家などの活動をしていることに加え、元SMAPの木村拓哉の妻、また昨年モデルデビューを果たしたKoki,の母としても知られています。今回の記事では、工藤がKoki,とともに新大阪駅を利用した際、Koki,ファンがサインを求めて殺到したと伝えています」(芸能ライター)

 Koki,がその状況に戸惑っていると、工藤はファンに向けて「私と娘のどっちかにしてよね」と呼びかけ、実際に自分のサインを書いてあげるなどしていたという。

「『自身』は、工藤だけでなくジャニーズとも友好関係にあるため、同記事のニュアンスも、工藤のファン対応を評価するものでした。しかし、記事を読んだネットユーザーの多くは『集まってきたのはKoki,のファンなんだよね? 静香のサインをもらっても困るでしょ』『出しゃばってくる母親、かなり恥ずかしい』『静香のサインで我慢させられたKoki,ファンが可哀想』などとドン引きしてしまったようです」(同)

 工藤も1980年代にはおニャン子クラブの人気メンバーとして活躍し、ソロ歌手としてもヒット曲を連発するなど、今でも多くのファンがいるが、一方で2016年に勃発したSMAP解散騒動の黒幕と報じられたことをきっかけに好感度が暴落し、アンチも増加。最近では、自身のインスタグラムに手料理をアップするたびに、「センスがない」「まったくおいしそうじゃない」などと批判されるようになっている。

「業界内では、Koki,デビューの背景には、工藤の“暴走”があったと指摘されてきました。Koki,は16歳の現役高校生ですが、木村としては『デビューは高校を卒業してから』という意向だったそう。しかし、SMAP解散騒動をめぐり、木村が“裏切者”のように報じられると、工藤は夫の人気急落を憂慮し、独断でKoki,のデビュー時期を早めたと言われています」(スポーツ紙記者)

 デビュー以降、Koki,はブルガリやシャネルなど、ハイブランドのアンバサダーに就任するといった話題が続いたが、ネット上には「親の七光り感がハンパない」「ゴリ押しとしか思えない」との声も寄せられた。

「結局、木村の仕事がなくなることもありませんでしたし、むしろ映画にCM、バラエティ進出と絶好調。一方、Koki,は今回のように工藤の存在が何かと足を引っ張っている印象もあるので、やはりデビューに関しては木村の意向に従った方がよかったのでは」(同)

 ちなみに、工藤自身は6月スタートのコンサートツアー『Acoustic Live Tour 2019 POP IN 私とピアノ ~Deep Breath~』を控える身。「工藤はあまりKoki,に構いすぎない方がいい」(同)との声もあるだけに、当分の間は本業である歌手活動に注力すべきなのかもしれない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking