ニュースヘッドライン

菅田将暉『3年A組』、最終回で評価ガタ落ち!? 「一番つまらない展開」「冷めた」の声

  • 2019年03月13日(水) 00:00:55
  • ブログ

菅田将暉が主演を務め、人気若手俳優が多数出演していた連続ドラマ『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』(日本テレビ系)の最終回が3月10日に放送され、平均視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。全話通して高視聴率を収めており、ネット上では「考えさせられる内容だった」「こんなにハマったドラマは初めて」と絶賛の声が上がっているが、一方で「最終回は後半で一気につまらなくなった」「安っぽい展開でガッカリ……」と落胆する視聴者も少なくないようだ。

 このドラマは、卒業まで残り10日となったある日、私立魁皇高校の3年A組担任・柊一颯(菅田)が、生徒29人全員を人質に学校に立てこもり、クラスメイト・影山澪奈(上白石萌歌)の自殺の真相を明らかにするため、“最後の授業”を行うという学園ミステリー。10日間の出来事を1話=1日という形で見せる、日本のドラマでは斬新な手法も好評を得ていた。

「物語の序盤は、柊が影山の自殺理由について生徒たちに考えさせ、答えが出なければ“生徒の中から犠牲者を出す”というサスペンス的な要素が入っていました。しかし、SNSに投稿された“フェイク動画”が原因で影山が自殺したとわかったあたりで、柊が生徒を誰も殺していないことが発覚。さらに、自殺直前の影山と一緒にいたのが柊だとわかったり、茅野さくら(永野芽以)が『私が澪奈を殺した』と自白したりするなど、真犯人は誰なのか、そして柊の目的はなんなのか、かなり注目を集めていました」(芸能ライター)

 最終話では、柊の言う“真犯人”の正体が判明。ネット上のフェイク動画に踊らされ、影山に誹謗中傷の言葉を浴びせた“ネットユーザー”だった、という結末だが……。

「実は数話前から『内容がネットユーザーへの説教っぽい』『“ネット民が悪い”ってオチが見えるなあ……』などと視聴者に言われていて、その通りの展開だったんです。予想通りの結末には、『今までおもしろかったのに、こういう結末は求めてなかった』『おいおい、一番つまらない展開じゃん。こんなにモヤモヤするオチなら最初から見なかった』と、かなり不評な様子。不特定多数のネットユーザーを“真犯人”とするよりも、はっきりと犯人がわかる展開を期待していた視聴者の期待を裏切った形になってしまったのでしょう」(同)

 さらに、最終回終了後に予告された、ネット動画配信サイト「Hulu」にて放送されるスピンオフドラマ『3年A組‐今から皆さんだけの、卒業式です‐』についても、視聴者からはブーイングが。

「Huluでのスピンオフ放送は日テレ系ドラマの“常套手段”とも言え、例えば昨年1月期に放送された『トドメの接吻』では、最終回から1年後の世界を描いたミニドラマをHuluで配信。『なんで続きはHulu?』『テレビドラマなんだから、最後までテレビで放送してよ』などと批判されていました。もちろん今回の『3年A組』でも、『見たいという欲求を煽って有料サイトに誘導かよ。一気に冷めた』『有料サイトとの連携やめてくれないかな? 見る気なくすんだよね』といった不満が噴出していました」(同)

 放送中は評判がよかったものの、最終話とスピンオフドラマの放送で、ドラマ自体の評価を一気に下げてしまったようだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking