ニュースヘッドライン

元Dream5リーダー・重本ことり芸能界引退と「衝撃告白」の裏事情

  • 2019年03月09日(土) 12:00:02
  • ブログ

アニメ「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマ「ようかい体操第一」をヒットさせ、2016年に活動を終了したダンスボーカルユニット・Dream5のリーダーだった重本ことりが、3月4日に自身のインスタグラムで芸能界引退を発表。その報告文に注目が集まっているという。

 冒頭こそ「皆さんにご報告です。私、重本ことりは芸能界を引退することにしました」となっているが、その後に続くのはいきなり「2018年にグラビアデビューした時は、仲良くしていて、欲しいという情報をあげていた写真週刊誌フライデー編集長やグラビア担当の人たちの裏切りがあったり」という衝撃的な内容。さらに「AAAファンの方々に死ねとか消えろとか言われたことも、もうなんとも思っていませんが、やっぱり私を応援してくれるファンを傷つけることはしたくないのと、芸能人同士だから名前を伏せるのはマナーだと思っていましたが、コソコソだれかと付き合ったりするのも嫌だし もう嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません」などと、告発文とも受け取れるような内容となっているのだ。

「重本は昨年7月4日放送の『ブラ迷相談部 その悩み!小杉と吉田まで』(東海テレビ)に出演した際、Dream5時代に“肉体の友”が複数いたことを明かし、そのうちの1人がAAAのメインボーカルでソロ歌手としても活動している西島隆弘ではないかと噂され、AAAのファン界隈で大炎上した過去があるんです。芸能界引退もこの件がきっかけとなったことは、この日に更新されたインスタグラムを読むだけでもわかります」(女性誌記者)

「私のSNSのアカウントは、今後、これまで関係した方々の告知の拡散のために使って行く予定です。これまで応援してくださったみなさん、ありがとうございました」と締めくくっている重本は現在22歳。新たな道へ踏み出すとしても、まったく遅くはない年齢だ。ぜひとも心安らかに過ごせる道を選んでいただきたい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking