ニュースヘッドライン

安藤優子、池江璃花子の白血病公表への発言に批判!

  • 2019年02月14日(木) 11:00:55
  • ブログ

競泳の池江璃花子選手が2月12日、自身のツイッターで「ご報告です。」と題し、体調不良のため検査を受けたところ、白血病と診断されたことを明かした。池江選手は続けて、今後は治療に専念することを報告している。

 各テレビ局、ネットニュースなどがこの件を一斉に報道する中、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)ではキャスターの安藤優子が、「神様がちょっと試練を与えたのかなっていうふうにも思います」と発言したことが物議を醸している。

「武井壮がツイッターで『ものすごくやるせない気分。。神様たのむよ。。全力で祈る。。』とツイッターで発信したという話題を受けて『神様の試練』という連想のような発言をしたと思うのですが、神様に祈ることと神様の試練では、あまりに意味が違ってきますし、不用意な問題発言と受け取られても仕方ないでしょうね」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「今まで一生懸命頑張ってきている人に、何が神様の試練だよ!」「病気が神様の試練とか言うなよ、病気になった人の身になってみろよ」といった批判が巻き起こっている。

 また、桜田義孝五輪担当相も記者団に対し「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、ガッカリしている」と発言したと報じられている。桜田五輪相は続けて「1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」と付け加え、国民を驚かせた。

 ネット上では「病気の心配よりも、五輪の盛り上がり・金メダルの数を心配しているように聞こえる」「病気で苦しんでいる人によくがっかりとか言えるな」「さっさと辞任しろ」といった桜田発言に対する拒否反応が起きている。

 一方で、同じアスリートであるフィギュアスケートの宇野昌磨選手は、四大陸選手権から帰国し、成田空港で取材に応じた際に「無知なので白血病が何なのか詳しくお答えできない」「怪我とか病気っていうものは人が思っているよりも自分が一番苦しい」「僕が無知な状態で何か発言できるほど何も知らないですし、僕はその権利はない」と発言、賞賛を集めている。

 池江選手の苦悩を推し量ると、これほど辛いことはないが、少なくとも周囲の大人のエゴや不用意な言動で、18歳の心を悩ませるようなことはしてはならない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking