ニュースヘッドライン

プッツンや激太りなど奇行が目立ったグラドル小阪由佳 現在は資格取得で意外な道へ

  • 2019年02月10日(日) 22:00:26
  • ブログ

スタイルの良さが目を引き、『ミスマガジン2004』のグランプリに選ばれたことで名が知られることになった小阪由佳。天然キャラを生かしてバラエティ番組にも多く出演し、多くの写真集やDVDを売り上げたが、芸能界から一時姿を消して再度現れたかと思えば、芸能人の暴露話を名指しでしたり、仕事をドタキャンするなど、デビュー当時とは全く異なる“プッツン暴露キャラ”に。激太りによる見事な3段腹も披露したことは大きな話題になった。

 しかし、そんな彼女も今ではすっかり表舞台から姿を消している。現在は何をしているのだろうか。

 「プチ再ブレークを果たし、激太りやキャラ変が話題になった頃は精神がかなり不安定だったと本人も認めるほどでした。しかし、そこから幼児教育に興味を持ち、2015年には千葉県に保育園を立ち上げていますよ。本人もそこで働いていましたが、それまでは別の保育園でアルバイトをして経験を積んでいます。そこでは元芸能人ということがバレて、白い目で見られたこともあったそうですが、幸い、園長先生が芸能関係の仕事をしていたことがあり、理解があって救われたそうです」(芸能記者)

 しかし現在は、腰を悪くして現場には立つことができないのだという。

 「仕事には満足していたそうですが、ヘルニア寸前にまでなってしまい、今は一旦、現場を離れています。とはいえ、幼児教育には何らかの形で携わり続けたいとの想いから、クラウドファンディングで集めた資金をもとに絵本作りに励んでいるそうですよ。さらに、名前を小阪有花に改名して、いくつかのサイトで幼児教育に関わるコラムの連載も始めています。チャイルドカウンセラーや家族療法カウンセラー、幼児食インストラクターやベビーシッターなど多くの資格も取得しているので、あらゆる方向から教育に対するアドバイスができるのかもしれませんね。今後は、各地での講演も視野に入れているそうです」(前出・同)

 自身のInstagramでは「ミスマガ→激太→激やせ→保育。なんとも変わった人生を歩んでいます」と自虐的に自らを紹介している小阪。しかし、今は自分の道を見つけ、人生にわくわくしていることだろう。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking