ニュースヘッドライン

ウーマン村本、高須医院長「ナチ」呼ばわりで両者のバトルの均衡が崩れた!?

  • 2019年02月10日(日) 11:00:26
  • ブログ

お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、ツイッターで高須クリニックの高須克弥院長を「ナチ」呼ばわりし、批判殺到が収まらない。

 発端となったのは2月3日、村本が派遣マッサージの女性に性的暴行をはたらいたとして逮捕された新井浩文容疑者(韓国籍で本名・朴慶培=パク・キョンベ)に触れ、〈新井浩文が在日朝鮮国籍だとわかった瞬間にバッシングが何万倍にもなる。国籍で人を決める人種差別主義者が日本には少なからずいる〉としたツイート。

 これに高須院長が〈悪いことしたときにシーマンくん(※村本のこと)のようなことを言って被害者に化ける方々こそ軽蔑されるべきです、僕は国籍性別で差別はしません〉と反応すると、村本は〈韓国籍を差別する日本人がいる、とツイートしたら、ナチ、あ、高須さんから“僕は違う!!”とコメントがきた。どうした、高須さん。あんたのことだなんて一言も言ってないのに。軽く炙ったら高須さんが飛びでてきた〉と反撃。さらに返して高須院長が〈シーマンくんはバカ者ではありません。無知なだけです。無知は可哀想な存在です〉と応酬を繰り広げた。

「今回は結果として、ネット上ではいつものように炎上狙いで過激発言をブチ上げた村本を高須院長がなだめたと捉えられ、村本には大ブーイングがあがり、高須院長はその“神対応”ぶりが賞賛されることになりました。2人はたびたびツイッター上で議論の応酬を繰り広げていますが、両者ともに言い分を認める声がありました。しかし今回ばかりは“ナチ”という言葉を出してしまいましたからね。明らかに誹謗中傷の意味にしかならず、村本に対する“ドン引き”の声は後を引きそうです」(ネットウオッチャー)

 様々な世の中の問題についての議論が深まるようにする意味でも、バランスのいいバトルを期待したい!?

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking