ニュースヘッドライン

松田優作の娘・ゆう姫に「態度も顔も千秋似」の声も指摘された“差異”とは?

  • 2019年02月08日(金) 07:00:02
  • ブログ



 故・松田優作の娘で松田龍平、翔太兄弟の妹・ゆう姫が「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)にゲスト出演したのは、去る1月30日の放送回。現在、音楽ユニットYoung Juvenile Youthのボーカルとして活動中だ。

 番組冒頭でMCのお笑いコンビ・チュートリアル徳井義実やお笑いコンビ・フットボールアワー後藤輝基から、母親の松田美由紀に顔が似ていると指摘されたゆう姫は「龍平に似てるって言われます」と即答。ネット上では「マジ龍平だわ」「表情とかも激似」といった声が続出した。

「しかし、まったくの他人である千秋に似ているとの声も少なくないようです。しかも千秋に似ていると指摘している人の多くが『顔だけじゃなくて誰にでもタメ口なのも似てる』『お父さんがすごい人で世間を舐めてる感じもそっくり』とも声をあげているんです。確かに千秋は幼い顔立ちをしているのに毒舌家で、番組共演者に対しては先輩芸能人でもタメ口スタイル。番組でのゆう姫も番組が進むにつれ『だって小学生だよ?』『うんうん』と返すなど、徳井や後藤に対して平気でタメ口でしたから、似ていると指摘されるのも納得です。また、千秋の父親は日本板硝子株式会社の元取締役会議長兼取締役会長ですから、偉業を成し遂げた父親の娘であるという点も同じですが、千秋の素顔は頭の回転が速い常識人で、いわゆる“ビジネスタメ口”を使いこなしているんです。対するゆう姫には、自由人であるがゆえのタメ口を感じました」(女性誌記者)

 この日「トリオ THE バイリンガルな女」として、フリーアナの田中みな実、歌手のBENIとともに出演したゆう姫。中学卒業後はカナダに留学し、いったん帰国するもアメリカのピッツバーグにまたも留学したという生粋の帰国子女ぶりを明かした。有吉弘行が公言しているように、「帰国子女には協調性がなく自分の意見を押し通す人が多い」という説を、奇しくもゆう姫が証明してしまったようだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking