ニュースヘッドライン

松岡茉優“過失100%”の追突事故、過去に自転車で法律違反も……化けの皮剥がれ“新CM女王”終了へ!?

  • 2019年02月07日(木) 12:00:58
  • ブログ

女優の松岡茉優が昨年、追突事故を起していたことを2月6日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じ、話題となっている。

 記事によると、松岡が追突事故を起こしたのは、昨年11月12日のこと。夕方、プライベートで車を運転していた松岡だったが、虎ノ門の交差点に差し掛かった際に、信号待ちをしていた前の車に突っ込んでしまったという。

 完全に松岡の過失であるが、事務所はこれを公表せず。また、事故を起こしたことは広告代理店を通じ、CMのクライアントにも伝わったが、その後どうなったのかということに関しては連絡がなかったそうで、業界では「“相当な額の示談金を積んで口止めしたのでは?”という噂が飛び交った」(原文ママ)ようだ。

 この件に関して、新潮側は事務所に質問。公表しなかったことについて「示談ではなく通常の保険処理で済んだため発表は控えていた」(原文ママ)とし、「関係者の方々には真摯にお詫びさせて頂いております」と回答していた。

 この報道は「週刊新潮」発売の前日にネットニュースになっており、すぐさま話題に。ネットではさまざまなコメントが見受けられているという。

「記事では松岡さんは飲酒しておらず、との報道があり、さらに、保険処理で済んでいたこともあり、『別に発表することではない』という意見がある一方で、世間に公表せず、事後の報告を代理店やクライアントにしなかった事務所の対応が『最悪だ』という意見が殺到している状態。事務所側は仕事だけにしか興味がないのかわかりませんが、この対応はまずかったと思いますよ」(芸能記者)

 世間では事務所への批判がほとんどのようだが、その一方で、松岡の素行の悪さを指摘する声も少なくないようで、

「松岡さんと言えば、19歳のときに、映画で共演した俳優の加治将樹さんとの熱愛がスクープ。写真付きで報じられました。しかし、その後、その中に“自転車2人乗り”という違法行為していた写真があったことで、内定していた公共機関のCMが白紙になったとの報道が。で、今回の追突事故。ネットでは『松岡茉優の素行が悪すぎる』という声が強まっていますね」(同)

 また、素行の悪さの指摘により、過去に報道されたマネジャーからのパワハラ報道にも言及する声もあるようだ。
さらに、先のCM白紙の件でマネジャーが大激怒し、松岡さんはそれをパワハラだと騒ぎ、事務所を移籍かとの報道もありましたが、これに当初は、『かわいそう』『つらかったんだね』といった同情の声ばかりが聞こえていましたが、いまや、『マネジャーが正しかったと思う』『こう、素行が悪すぎると、ガン切れされても仕方ない』『素行を注意されただけでパワハラって騒ぐとか、大人を舐めてる』と批判の声に変化している状況。正直、少しずつ増えていた松岡さんへの嫌悪感が、この報道で一気に爆発したという印象を受けますね。このままだと、好感度急下降するのが目に見えるだけに、残念ですね」(同)

 “新CM女王”と言われるまでになった松岡。しかし、今回の報道で「『追突してお咎めなしの女優が、ユーキャンのドヤ顔とか。あのCM見たくないわ!』『エン転職はバカリズムだけで十分!』『CM全部降板しろ!』といった厳しい声も飛び交っています」とのこと。

 一気に世間から嫌われてしまった松岡。今後の仕事に影響が出なければいいのだが……。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking