ニュースヘッドライン

ジャニーズ事務所の大御所タレント、後輩巻き込み「深酒」「上裸で帰宅」の危険な酒席事情

  • 2019年01月12日(土) 12:00:59
  • ブログ

2018年はお酒をめぐるタレントのスキャンダルで世間を騒がせたジャニーズ事務所。TOKIOの山口達也は酩酊状態の末に未成年女性に無理やりキスをするなどの強制わいせつ容疑で書類送検され、結果的にグループ脱退・事務所退所に至った。また、NEWS・小山慶一郎も未成年女性がいる場で女性に何らかの飲み物のイッキ飲みを煽り、約2週間の活動自粛処分に。同席した加藤シゲアキとともに批判が噴出してしまった。ジャニーズの酒との付き合い方には、世間から厳しい目が向けられている昨今だが、ベテランタレント・近藤真彦は今なお派手に飲み歩いているようだ。

 毎週火曜日放送のラジオ番組『近藤真彦くるくるマッチ箱』(文化放送)で、定期的に酒エピソードを話している近藤。今年1月8日のオンエアーでは、1996年発売のヒット曲「ミッドナイト・シャッフル」の作曲・編曲を手がけたアーティストのジョー・リノイエと飲み明かしたことを語り出した。

 近藤によれば、先日ジョーから電話があり、「マッチ、久しぶりに飲まない?」と、誘いを受けたとか。ジョーは「自分のテリトリーのところに、自分の好きな感じのバー」を作ったといい、「そこで飲まない?」と声をかけられ、「行きます、行きます!」と快諾。近藤の年上で、別の仕事をしている「石原くん」なる男性と3人で会い、「結構、ウイスキーをロックで飲んでた」そう。

 その日は自宅に帰ったものの、「次の日、ジョーさんからメールが入って。『マッチくんのセーターが、なぜかここにあります』って書いたメールが入ってたんだよ。『セーターがここにあります』って。えぇ!? と思って」と、衝撃的な展開を告白。「昨日、何着て帰ってきたんだろう」と思い、あらためて自分の洋服をチェックしたところ、「確かにセーターない」と、わかったという。近藤が「いや、待てよと。俺、裸でジャンパー着て帰ってきてんだよ」と言うと、アシスタントの文化放送アナウンサー・舘谷春香は「えぇ~!? 裸に? えぇ~!?」と、ビックリ。

 しかし、当人は「そのセーター、なんでそこのジョーさんの家に置いてあるのかわからない」「なんで脱いだのかな~?」と覚えていない様子で、「暑いなぁってなったんですかね?」(舘谷アナ)と問われると、「別にほら、(飲み会の場に)お姉さんたちがいるわけじゃないから。で、別にほかのお客さんもいないのよ。(暑かったの)かもしれないね。調子に乗って。で、ジャンパーだけ着て帰ってるの、ちゃんと」と、自身の行動を振り返った。54歳にしてはおとなげない体験とあって、「ジャンパー着るのに気がつきそうですけどね。普通だったら」と笑う舘谷アナ。それでも、近藤は「もっとスゴい話は、そのセーターまだ帰ってきてないんだから。置きっぱなしなんだよ、ジョーさんのところに」と、特に反省はしていない口ぶりだった。

 さらに、近藤がパーソナリティを務める別のラジオ『COME ON! ROCKIN’ ROAD』(FM COCOLO、1月6日放送)にゲスト出演した元SMAP・木村拓哉も、先輩の“ヤンチャなお酒の飲み方”を暴露。木村いわく「結構、前」に食事に連れて行ってもらった時、帰りに近藤の自宅に寄って深酒したとか。その話を聞いた近藤が、「家でちょっと飲んで、帰ったぐらいな感じ?」と、当日の状況を思い出そうとすると、

「いや、『家でちょっと』じゃないですよ。隣の住民を叩き起こして、『○○ちゃん、起きてよ! 今、木村来てるんだよ!』ってなって。もうその時点で相当、自分たちかなりのハイペースで(お酒を)いってたんで。いや、まだいくのかな!? ウソでしょ!? って思ったら、隣の住民の方を起こして(ドアを)ドンドンやってました」

と、近藤の暴挙を報告。こういったパターンに慣れている住民は「あぁ~、マッチか~」とすぐに受け入れ、冷蔵庫からお酒を出して近藤らに振る舞ったとのこと。とはいえ、すでにさんざん飲んでいた木村は、

「ま~だこれいくのかな~って思って。割りと(量も)いったんですよ。で、いってたら、二杯ぐらい終わったところで、近藤さんが『木村、じゃあもう今日はな。今日は最高だった。本当ありがとな! じゃあな。寝るから、俺』って言って。ウソでしょ!? っていう。で、本当に自宅に帰られて。自分は自宅に帰られたタイミングで、自宅を通って、玄関まで行って自分の靴を履いて、『お邪魔しました~。お疲れ様でした~』って出て。で、エレベーター降りて。あれ待てよ、これ今ちょっと明るくなってきたぞ、っていうタイミングで(帰った)」

と、ようやく朝方に“解放”されたよう。記憶が鮮明ではない近藤は「マジ~?」と驚きつつ、「あれは飲んだな~」と回想していた。そんな大のお酒好きの近藤は、ラジオ『くるくるマッチ箱!』(昨年12月18日)内で、とある野望を明かしたことも。年末恒例のディナーショーの話題になった際、「小さいところ(会場)で、ちょっとお酒でも飲みながら、軽くね。ベロンベロンになったらダメだよ。いつもみたいになったらダメだけど」と前置きし、自分もお客さんも「ほろ酔いぐらい」の雰囲気で公演を開きたいと、構想を語ったのだった。

 人に迷惑をかけない範疇で楽しむ分には良いが、お酒で失敗している後輩も多いだけに、今年はほどほどに切り上げほしいものだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking