ニュースヘッドライン

「1億円のお年玉」ZOZO前澤社長は「金の切れ目が縁の切れ目」を地で行くか?

  • 2019年01月11日(金) 00:00:42
  • ブログ



 ZOZOの前澤友作社長がブチあげた「総額1億円のお年玉」企画が、物議を醸している。

 1月5日、前澤氏は自身のツイッターを更新。〈ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破〉したことを発表し、〈日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします〉と宣言。応募条件が前澤氏のアカウントのフォローとリツイートだっただけに、7日の午前にはフォロワーが370万人以上に膨れ上がり、リツイート数も午前8時40分過ぎで350万を突破。リツイート数が世界記録を更新したという。募集は7日いっぱいで終了したが、

「この企画自体はなんら法律的に問題なく、個人からのプレゼント、しかも110万円以内のため贈与税もかからないため、上手な宣伝手法だと思います。ただ、1億円で300万人、1人あたり33円のフォロワーを“買った”とみなされれば、フォロワーなどのアカウントの購入を禁止するツイッターの運用ルールに引っかかる可能性はある。しかし、一部ニュースサイトが日本のツイッター社に取材したところ、懸賞に当たるので問題ないとのことだったと、報じていますね」(経済ジャーナリスト)

 いずれにせよ、新年早々からまたもや話題を提供する前澤氏だが、ZOZO自体にもますます暗雲が垂れ込み始めているようだ。

「株価の下落で時価総額も落ち込んでいる。そうしたこともあり、株主の批判を考慮して、プレゼント企画をあくまで“個人”のものとしたのでしょう。今回急増したフォロワー数は企画が終わればガクッと減ることは間違いなく、交際する剛力彩芽を引き合いに《金の切れ目は縁の切れ目》とヤユする声もあるのです」(芸能記者)

 ドラえもんのスネ夫ばりの金にものを言わせ注目を浴びる手法は、いつまで通じるのか。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking