ニュースヘッドライン

人気ユーチューバーの事故死を動画でネタにして炎上? 反論も「不謹慎」と批判殺到

  • 2019年01月07日(月) 22:00:25
  • ブログ

人気ユーチューバーグループ「アバンティーズ」のエイジが旅行先のサイパンで高波にさらわれて亡くなった件について、ユーチューバーの「しんやっちょ」が自身の動画の中で言及したものの、「アバンティーズ」ファンの間で物議を醸している。

 事の発端となったのは、4日に「しんやっちょ」が行ったユーチューブの生配信。その中で「しんやっちょ」はエイジの死について触れ、「サイパンに行ったときに高波にのまれて死んだらしい」などと説明。動画視聴者から「『亡くなった』って言った方がいいのでは」と指摘が来ると、「別に伝わればいいと思うんだよね。それは過敏になりすぎ」と反論。また、「俺は知らなかったけど」と自身はエイジの存在を知らないと公言しつつ、有名ユーチューバーがエイジの死を追悼しているという話の流れで、「水溜りボンドとかも『812(エイジ)』って読めるように812分のユーチューブ上げたらしいよ」と触れたものの、すぐに自身の間違いに気づき、「8分12秒か。812分って長いもんな」と笑いながら訂正していた。

 しかし、エイジの死について笑いながら説明するというこの態度に、一部視聴者が「なんでこの人笑ってられるの?」と指摘すると、「しんやっちょ」は手を叩きながら大笑いし、「満足した?」「笑っちゃいけないの? じゃあ、喪服着て『このたびはアバンティーズさんが4人組だったのに3人組になってしまわれてご冥福をお祈りします』って言えばいい?」と反論。「有名な人が亡くなったから悲しんでるんですか?」「ユーチューブも見たことない赤の他人の俺がなんでそんな心底悲しまなきゃいけない?」と批判を一蹴していた。

 しかし、これについてネットからは「悲しめとは言わないが、話のネタとして関わろうとするのなら最低限の対応があるのではと思う」「笑ってネタにするのは不謹慎でしょ」「人の死のことについて笑いを取るというのは人としてどうかと思う」といった批判が殺到。配信後、動画がユーチューブ上で転載され、炎上する事態になっている。

 炎上後、「しんやっちょ」は自身のツイッターを更新し、「価値観の相違で自分が正しいと思うのは良いけど否定して自分の価値観押し付けるのは、どうかと思う」と反論しているものの、いまだ多くの有名ユーチューバーの多くが追悼コメントを出している中で、笑いながらこの話題を取り上げた「しんやっちょ」。アバンティーズファンの間ではいまだ物議を醸している。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking