ニュースヘッドライン

「猛省中です」とろサーモン久保田・スーマラ武智と同期、ノンスタ石田が本人のコメントを明かす

  • 2018年12月08日(土) 00:00:53
  • ブログ

6日、『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に、NONSTYLE・石田明がゲスト出演。とろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智がインスタライブ配信中に上沼恵美子に暴言を吐いたことについて、岡村と共にトークを展開した。

 そもそも今回のゲスト出演は、パーソナリティーの岡村が、毎年『M-1グランプリ』を観て思うことや答え合わせをしたいということで、“ネタの分析力”に定評のある石田を呼んだところから始まる。1年前からオファーしていたこともあって念願叶った形になったのだが、冒頭で岡村は「とんでもない事件が起きた」と言い、「純粋に大会の話をしたかった」と残念がった。

 もちろん2人が悪いとした上で、「M-1で決勝行く人は本当に漫才が好きで、M-1にかけすぎているんですよ。わかるんですけど、抑えるところは抑えとかんと」とコメント。言葉を選びながら、多くの大人が頭を下げたことまで考えなければならなかったとし、「かわいがってもらわんと」と諭した。また、「あとは、松本(人志)さんがどういう見解を示すか」と松本の一言で世間の流れが変わると予想していた。

 石田は、武智と久保田共に同期ということもあり、連絡をしたそうで「猛省中です。反省してまた笑ってもらえるように漫才作っていきます」と返されたとのこと。さらに、自らも相方・井上裕介が謹慎していた先輩ということから、それぞれの相方であるスーパーマラドーナ・田中一彦ととろサーモン・村田秀亮に「耐え忍ぶこと石田の如し」とメッセージを送ったことを明かした。

 最後に岡村は「2人は反省しているので、私たちの想いも関西に届いたらいいな。ほんまにすみませんでした」と謝罪していた。

 「ナイナイは今でこそテレビ中心で活動していますが、昔は漫才やコントに打ち込んだ舞台出身の芸人。久保田らの気持ちもくみ取りつつ、先輩として上沼に謝罪したのは立派です。ネットでも称賛の声が挙がっていましたね」(エンタメライター)

 こうして数々の芸人がラジオやイベントで久保田、武智の話題を出しエールを送っている。この状況に、2人は今何を思うのだろうか。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking