ニュースヘッドライン

やらせ疑惑被害から一転、棚からぼた餅 宮川大輔新番組MCの仰天プラン

  • 2018年12月07日(金) 21:00:18
  • ブログ

一時はワイドショーの風雲児ともてはやされた加藤浩次(49)も、ついにツキから見放された!? 司会を務める『スッキリ』(日本テレビ系)が来年3月をもって終了する話が浮上しているからだ。

 「理由は視聴率です。4~6%、よくて7%台をウロウロなんです。しかも最近は、8%前後をコンスタントに取っているテレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』に連敗中。そこにフジの『とくダネ!』が割り込んでくる。視聴率は常に『スッキリ』を上回る6~8%台をキープ。今や、テレ朝、フジ、日テレの順番です」(編成関係者)

 加藤更迭を通り越し、いきなりの『スッキリ』打ち切り説。こうした強硬論に対し、日テレ局内では少数派ながら継続を唱える局員もいるという。

 「番組を打ち切るのは簡単なこと。それよりも厄介なのは、番組をゼロから立ち上げること。正直、現在の日テレにそんな体力はない。それならば、ジリ貧状態のままでも、『スッキリ』を継続させた方が安全だという戦略なんです」(編成幹部)

 日テレ上層部もこうした意見には慎重にならざるを得ないというが、急転直下、予想だにしなかった事態が勃発。看板番組『世界の果てまでイッテQ!』を巡るやらせ疑惑問題が、皮肉にも加藤更迭に拍車をかけてしまったというのだ。

 「芸人の宮川大輔(46)が、世界各地の一風変わったお祭りに参加する企画のやらせ疑惑で、結果的に宮川の芸人生命を棄損してしまった。損害額は軽くて10億円規模。コーナーが打ち切りになれば、『~イッテQ!』の降板は時間の問題です。そんな宮川を救うべく、加藤に代わって宮川を新番組のMCに据える案が出てきたんです。ギャラは1日当たり100万円。加藤の半分だが、宮川に断る理由はありませんよ」(芸能関係者)

 どうやら最後に笑うのは宮川なのかも…。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking