ニュースヘッドライン

ジャニーズJr.「Love-tune」安井謙太郎の退所メッセージを受け、“親友”Sexy Zone菊池風磨が思いを語る

  • 2018年12月07日(金) 21:00:59
  • ブログ

11月30日、会員向けサイト「ジャニーズジュニア情報局」にて事務所退所を発表した、ジャニーズJr.内ユニット「Love-tune」のメンバー7人。Jr.の中でも人気の高いグループだっただけに、ファンの間では激震が走った。

 12月1日にはメンバーの一人安井謙太郎が、高橋優斗とともにパーソナリティを務める『らじらー!サタデー』21時台(NHKラジオ第1)にて、「みなさまがここまで応援してくださったから、ここまでやってこれたと思っております。それもありまして、うやむやにしたくはないという思いもありまして、会社のほうとお話させていただいて、昨日のような発表をさせていただくことになりました」「みなさまがいたから僕たちは本当に夢のような景色、夢のような時間をみなさんに見せていただくことができました。本当にね、それはもう感謝という一言では言い切れないような思いなんですが。本当に僕たちを輝かせてくれてありがとうございます」とコメントした。

 そんな中、安井とプライベートで親交の深いSexy Zoneの菊池風磨も、安井たちのあとに放送された『らじらー!サタデー』22時台でコメント。安井は菊池を中心に集まったメンバーで構成された通称「風磨会」のメンバーであり、都内の飲食店で開催された菊池の誕生会に参加するなどプライベートでも遊ぶ仲。そんな彼を思ってか、番組内の「菊池風磨の2minutes music talking」という好きな曲をかけるコーナーにて、「私事というか。出会って10年以上たつ友達がいるんですけど。そんな彼というか、彼らが、次のステージに進むということが決まりまして」と、安井やLove-tuneの名前は出さずに語り始めた。

 「彼は今回きっと、いろんな葛藤があってね。新しい道を選んだのかな、なんて思ってますけども。まあなんでも話し合う仲なんですけど、僕には今回そんなに相談がなかったというか。まあちょっと、寂しかったんですけど。それはそれで彼らしいな、というか。そのプライドというか、それはそれで僕は背中を押したいなと思ってるので」と一抹の寂しさを滲ませながらも、安井の決断に理解を示した。

 その後、菊池は「だからみんなもあとはそういうところを照らし併せて聞いてもらえたらな、と。ちょっと強めの言葉というか。背中を押すような曲になってます」とリスナーに語りかけながら、ケツメイシの「仲間」を流した。曲が終わった後は、「昨日もそいつからメールをもらったんですけど。(中略)返せてないんですよね、そのメールを。だからなんていっていいかわかんない、ていうか。ただこの曲がすごく浮かんだので。自分なりに咀嚼していけたらなと思って。まあ、なにより背中を押せたらいいですね」とメッセージを送った。最後は安井や他メンバーの今後の活躍について「楽しみにしてます」という言葉で結んだのだった。

 今回のラジオは冒頭、佐藤勝利から11月28日にパニック障害による活動休止を発表したメンバー・松島聡について「聡くんは少し休憩に入ってしまいますが、僕が思うのは『がんばって』とか(の言葉)を言うのは、ちょっと今は僕は違うのかな、と思っていて。すごくこう、がんばり過ぎちゃった部分もあると思うので、今はゆっくり。本当に聡くんは今はゆっくり休んでほしいなと思います」という発言もあるなど、いつもより緊張感が漂う回であったのは事実。衝撃的な出来事が続き、2人ともかなりつらい心境だと察するが、ファンを安心させるためにも笑顔でいてほしいものだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking