ニュースヘッドライン

“小物ヤンキー”役でも乃木坂46若月佑美が「今日から俺は!!」で得するワケ

  • 2018年11月11日(日) 07:00:41
  • ブログ

 注目度上昇中のドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)に出演している乃木坂46の若月佑美に、意外な方向からの注目が集まっているという。

 同作では新世代ピュア系女優として話題の清野菜名、そして“千年に一人の美少女”で知られる橋本環奈がダブルヒロインを務めており、若月はスケ番を演じる橋本の腰ぎんちゃく的な存在の女ヤンキーを務めている。その若月についてアイドル誌のライターが語る。

「乃木坂の1期生として活動してきた若月は、フロントメンバーとしての活躍は少ないものの舞台での存在感は大きく、来る12月の卒業後も女優として活動する予定です。顔つきも舞台女優っぽさを感じさせる美人で、よく言えば清楚なお姉さんなのですが、アイドルらしい押し出しには欠けるのも事実。パッキリした美人の橋本と並ぶと、どうにも小物ヤンキー感が強調されるのは否めません」

 そんな若月は11月4日放送の第4話にて、怪力キャラの大賀を翻弄する役でゲスト主演的な立場を務めた。彼女が欲しくてたまらない大賀を誘惑し、ケンカが弱い彼氏のボディガード代わりにしようという悪知恵だったが、女性慣れしていない大賀は若月の手を握ったり髪の匂いをかぐことに至福の時を過ごすという内容だ。

「この回での若月は大賀とのデートシーンが多く、アップで映ることも。そうやってピンで見ると、もともと大人っぽい表情が昔風のヤンキーファッションに映え、その美人ぶりを際立たせました。そして演技面では大賀をダマすことへの罪悪感を微妙な表情で表現しつつ、抑制の利いた演技で大賀の大袈裟な動きを中和していたのです。これが演技力の低い女優であれば、学園祭なみのドタバタ劇に終始したはず。今回の“大賀回”は、若月のおかげでテンポよく観ることができたことでしょう」(テレビ誌ライター)

 彼女が醸し出す小物ヤンキーぶりも、役的にはそのポジションを忠実に演じているわけで、若い演者を見いだす能力に長けた福田雄一監督の作品で常連になりつつあるのも納得だろう。そんな若月の活躍も目覚ましい「今日から俺は!!」からはますます目が離せそうにない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking