ニュースヘッドライン

もはや集客力が150人足らず!にゃんこスターの賞味期限がついに切れた?

  • 2018年11月09日(金) 22:00:08
  • ブログ

「キングオブコント2018」(KOC2018)で優勝したお笑いトリオ「ハナコ」の勢いが止まらない。11月3~4日には2日連続での単独ライブが成功。同ライブはKOC2018より前に開催が発表されていたことから会場は150人弱と小規模だったが、そのぶんファンの熱気は最高潮に。演目中におまけキャラ的存在の菊田が自分の顔を印刷したうちわをプレゼントしようとすると、多くの観客がこぞって手をあげ、メンバーが驚くという場面もあった。

 同じ3日にはビートたけしが手掛けるコント特番の「コントの日」(NHK)に若手としては異例の抜擢。9日に放送予定の「ネタパレ」(フジテレビ系)でもチョコレートプラネットやシソンヌといった実力派と共に出演が決まっており、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せている。そんなハナコの活躍の陰で、ひっそりと単独ライブを開催する落ち目のコンビがいるというのだ。お笑い系のライターがささやく。

「KOC2017の準優勝で一躍話題になったにゃんこスターです。得意ネタ『リズム縄跳び』の斬新さに加え、男女コンビが最初から交際していることでも話題になりましたが、人様に見せられるレベルのネタはその『リズム縄跳び』しかなく、残念ながら実力が伴わなかったのが現実。11月16日には単独ライブを予定していますが、その会場はわずかキャパ150人。KOC優勝より前に会場を決めていたハナコとは異なり、にゃんこスターは前年の準優勝者という看板がありながらの小会場ですから、現在の落ちぶれぶりを如実に示しています」

 ただリズム縄跳びに加えその際にアンゴラ村長の見せる味わい深い表情の浸透度は高く、地方の営業ではまだ人気はあるようだが…。

「それでも単独でゲストが務まるほどの求心力はありません。11月3日には同じ事務所の完熟フレッシュ、フォーリンラブと一緒に『つくばエクスプレスまつり2018』に出演するも、声援は親子コンビの完熟フレッシュのほうが大きかったほど。しかも完熟フレッシュだけ写真撮影がオーケーだったので、ネットでの評判でも負けていたようです。その完熟フレッシュは『M-1グランプリ2018』に挑戦するも3回戦で敗退。それに対してにゃんこスターは昨年が2回戦敗退で、今年のM-1には参戦すらしていませんから、もはやお笑いに対する熱意すらないのではと心配になってしまいますね」(前出・お笑い系ライター)

 交際が終わればコンビ解散を明言しているにゃんこスター。人気の切れ目が縁の切れ目となる日も近いのかもしれない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking