ニュースヘッドライン

高嶋政宏、“SMバーに通う”性癖を明かす 過去の言動もヤバすぎる!

  • 2018年11月09日(金) 20:00:57
  • ブログ

先日、俳優の高嶋政宏が都内で、自身の“SM愛”などを赤裸々に明かしたことで話題となっている新刊本「変態紳士」(ぶんか社)の発売記念サイン会を行った。

 高嶋はこのところ、バラエティー番組などでSM好きを公言。同書の表紙には高嶋が首輪を巻いたインパクトが絶大な写真が使用されている。

 一部スポーツ紙などによると、同サイン会で高嶋は、「『自分を解放するんだ』とか『自由になるんだ』と思ってSMバーに行ってるわけじゃない。ただ一点、興奮するから行ってるだけ。要は“勃つか勃たないか”だから」と堂々と性癖をカミングアウト。

 妻で女優シルビア・グラブとは「SMプレーはしない」と明かし、「一度、SMバーに連れて行ったけど、『私はムリだから、今度からは一人で行って』と言われた」という。

 「芸能一家に育ち、これまでは“優等生キャラ”を演じて来ていたが、突如、ここに来ていろいろカミングアウトすることに決めたようです。そんな高嶋の“勇気”に対し、業界内からは絶賛の嵐が吹き荒れています」(テレビ局関係者)

 そんな高嶋だが、かつて奔放過ぎる言動で周囲を仰天させたことがあったというのだ。

 「音楽にも造詣が深い政宏。弟の高嶋政伸が前妻との離婚調停で渦中だった12年10月、ロックバンド・KISSのアルバム発売イベントに登場。顔面にはKISSメンバーのメイクを施し、“舌出しポーズ”も決めるなどノリノリ。政伸へのメッセージを求められると、『オマエもこれ(KISSのアルバム)を聴け!』と呼びかけ報道陣を笑わせたが、所属事務所の関係者たちは『シャレにならない』というような表情だった」(イベントを取材した記者)

 ようやく自分の“素”の部分をさらけ出した高嶋だけに、本業の俳優業以外でのオファーが増えそうだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking