ニュースヘッドライン

木下優樹菜、赤ちゃんに「いただきます」強要で批判殺到! 独特の子育て法で育った実娘の評判は……

  • 2018年11月09日(金) 13:00:18
  • ブログ

タレントの木下優樹菜が11月6日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)に出演。独特の子育て法を明かし、話題になっている。

 この日、「スナック有吉」コーナーに親友の青山テルマと共に登場した木下。普段の木下について聞かれた青山は「めちゃくちゃいいお母さん。(略)子どもと同じ目線でしゃべるので、普通の人間として扱っている」と説明。すると、木下は「(生後)7カ月から普通の人間として扱う」と発言し、続けて「(子どもは)あまりわかってないだろうけど、7カ月ぐらいから『いただきます、聞こえないんだけど?』って言う」と告白した。

 この木下の発言にスタジオは爆笑。しかし、ネット上では、母親層を中心に批判的な声ばかりが集まっているという。

「放送直後、ネットでは『自分の言葉遣いもなってないのによく言うな!』『子どもがマネしたらどうするの?』『赤ちゃんに対しての言い方ではない』『子どもがかわいそう』『そういうなら「いただきます。ごちそうさまでした。おいしゅうございました」まで言わせろよ』といった声が。また、ママタレとして活躍する木下さんに対しても、『どうしてママタレとして生き残っているのか? 不思議で仕方ない!』『テレビで見るだけで不愉快なんですけど!』と好感度が急落している状況です」(芸能ライター)

 木下の子育てに関しては、過去にもいろいろと言われており、「またか」といったところではあるが……。

 実際に木下の独自の子育ての下で育った娘たちの評判はどうなのか?

「木下さんは撮影現場によく子どもたちを連れて来るのですが、現場で用意されたご飯を食べても、子どもたちから『いただきます』『ごちそうさま』といった言葉を聞いたことがありません。その上、木下さんに似てか、言葉遣いが悪く、『ウザい』『お前』といった汚い言葉を連発。スタッフの間でも、木下さんの子育てについては話題になっていますよ(笑)」(広告代理店勤務)

 世間がびっくりするような独特の子育て法を次々に明かす木下だが、本当に大丈夫なのだろうか?

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking