ニュースヘッドライン

「世界の果てまでイッテQ!」を襲った“祭りは捏造”報道、「アカーン!」な部分

  • 2018年11月09日(金) 11:00:58
  • ブログ



「3階建て」とも称される、日本テレビの日曜ゴールデンタイム。「ザ!鉄腕!DASH!!」「世界の果てまでイッテQ!」「行列のできる法律相談所」と続く、長年にわたって高視聴率を獲得し続ける3番組の布陣に、他局はあの手この手で揺さぶりをかけてきたが、“強靭な鉄骨”が崩れることはなかった。

 しかし、その鉄骨がサビ始めたのか、それとも金属疲労か。「ザ!鉄腕!DASH!!」に出演していた山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検され(のちに不起訴)、芸能界を引退することになった。

 この1階の騒動から半年。今度は2階の「イッテQ」でトラブルが発生した。11月8日発売の「週刊文春」が報じている。

「記事によると、『イッテQ』で5月に放送した『ラオスの橋祭り』が実際にある祭りではなく、番組が企画して現地の人にやらせたものだというのです。これは、泥水の上に板を渡して橋に見立て、その上を自転車で走り抜けるというもの。途中、4つの回転する大玉が邪魔をしてくるのだそうですが、現地の日本人駐在員、駐日ラオス大使館も、口をそろえて『橋祭りなんて聞いたことがない』。そもそもラオスの人は日常生活であまり自転車に乗ることはないのだとか。記者がラオスへ向かい、在ラオス日本大使館の職員に聞いても、開口一番『イッテQですよね? ビエンチャン(ラオスの首都)にあんな祭りはない。日本の番組が作ったものです』と語ったと報じられています」(芸能ライター)

 この疑惑に、日本テレビ広報部は「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催し」として「今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」と、完全否定だ。

 この疑惑が本当だとすれば、「こんな祭りはない」と証言したラオスの人たちを嘘つき呼ばわりしたことになり、また、ラオスの人たちを番組捏造に利用したことになる。もちろん、出演者、視聴者も欺いたことにも。はたして、今後、どんな説明がなされるのか。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking