ニュースヘッドライン

ジャニーズVSボイメンの戦い再び……NEWS「生きろ」1位獲得のため、ファンの“購買運動”勃発!

  • 2018年09月16日(日) 13:00:58
  • ブログ

 9月12日にニューシングル「『生きろ』」をリリースしたNEWS。同曲はメンバーの加藤シゲアキ主演ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)の主題歌で、今年でデビュー15周年を迎えるNEWSにとって記念すべき1枚でもある。

 初動の売り上げがわかる店頭入荷日の11日付けオリコンシングルCDデイリーランキングでは、「『生きろ』」が10万枚を売り上げ第1位にランクイン。前作「BLUE」の初日売り上げ9.3万枚を超え、好調な結果を残している。しかし、同日には東海地方出身のメンバーで構成されたご当地アイドルグループBOYS AND MEN(ボイメン)の「炎・天下奪取」が9.1万枚を売り上げ第2位に。12日付けのランキングでは「『生きろ』」が2.1万枚、「炎・天下奪取」が0.7万枚と差がついたが、ウイークリーランキングの発表まで2組の1位争いが繰り広げられそうだ。

 ボイメンといえば、2016年にKis-My-Ft2とオリコン1位争いをしたことが記憶に新しい。8月24日にKis-My-Ft2が「Sha la la☆Summer Time」を、ボイメンが「YAMATO☆Dancing」を発売したのだが、店頭入荷日の23日付けデイリーランキングでは、ボイメンが16.6万で第1位、Kis-My-Ft2が14.7万枚で第2位という結果になり、ジャニーズファンに大きな衝撃を与えた。この年、Kis-My-Ft2はデビュー5周年というタイミングだったため、なんとしてでも「Sha la la☆Summer Time」をウイークリーランキングで第1位にするべく、ファンの間では「追いシャララ」と呼ばれた“購買運動”が勃発。他グループのファンも巻き込み、ウイークリーランキングでは見事に第1位を獲得していた。

 この出来事を彷彿とさせる事態がNEWSでも巻き起こっているため、「絶対NEWSを1位にしたい……! 追い『生きろ』してくる!」「ボイメンさんとかなり僅差だね。もう1枚くらい追い『生きろ』しなきゃ!」「これは油断できない数字かも。仕事終わったら追い『生きろ』しにCDショップ行こう!」と、「追いシャララ」ならぬ「追い『生きろ』」をしているファンが多く見受けられる。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking