ニュースヘッドライン

ブルゾンちえみがナチュラルメイクすると“水川あさみ”になる証拠

  • 2018年09月16日(日) 07:00:33
  • ブログ

現在、ドラマ「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)に出演中のお笑い芸人・ブルゾンちえみが、ドラマ公式インスタグラムでいつものコテコテメイクを封印した写真を公開。“ますますイイ女度が上がっている”と評判だ。

「その写真は9月11日に更新されたもの。『チエリ、変わります』というコメントとともに、バーカウンターに身体を寄せ、カメラに向かって微笑んでいるショット。普段のおかっぱ頭ではなく、ふんわりウェーブのかかったヘアスタイルに眉ラインも口紅も今風を意識したナチュラルカラー。写真を見たフォロワーからは『これっ?ちえみちゃんなの?雰囲気が全然違うね!』『色っぽい めちゃくちゃにあっている』という賛辞の他に『水川あさみさんに似てる!!』『一瞬水川あさみちゃんかと思った』など、女優の水川あさみにソックリという意見も集まっています」(番組関係者)

 しかしその一方で、3日に更新した同インスタグラムでは、涙を流しメイクがはげ落ちた顔写真を公開。つけまつげが取れてぶら下がり、アイシャドウが涙とともに流れ落ちている写真は、まさにホラーそのもの。コメント欄には「ブルゾンさん怖い」「ひゃーホラー」など、“水川あさみ風”メイクとは180度違った声が殺到した。メイク一つでここまで話題になるブルゾンだが、昨今はその演技力にも大きな注目が集まっている。

「『サバイバル・ウェディング』でのブルゾンの役どころは、波瑠演じる主人公・さやかの職場の同僚で、主人公とは違うアラサーの幸福を追求する“パクチー”のような女性。独特の持ち味の演技にネットでも『ブルゾン演技上手い』と評判です」(テレビ誌記者)

 ブルゾンが女優デビューしたのは、昨年放送された桐谷美玲主演の『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)。この時は“美”よりも“食”を優先させる、男性との交際未経験のポッチャリ女子を演じているが、この時も視聴者から「演技がものすごく自然で驚いた」「女優デビューとは思えない」といった言葉が上がっていた。

「元々ブルゾンは、島根大学を中退した後、岡山の実家に帰り、地元の劇団に所属して役者を目指したこともあります。芸人としてブレイクした後も密かにチャンスを狙っていたようです。今回の演技でさらに評価を上げたのでは」(前出・テレビ誌記者)

 さらに演技に磨きをかけるブルゾン。渡辺直美のように“主役を演じる日”を密かに狙っていることは間違いない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking