ニュースヘッドライン

千葉真一の親バカぶりに有吉弘行もあきれ顔、“娘のために23億円の別荘”

  • 2018年07月14日(土) 09:00:27
  • ブログ

 7月9日放送の『有吉ゼミSP』(日本テレビ系)に、俳優の千葉真一(79)がVTR出演。昨年亡くなった野際陽子との娘で女優の真瀬樹里(まなせじゅり/43)への“親バカ”ぶりを明かし、お笑いタレントの有吉弘行(44)らをあきれさせた。

 この日の番組は、“二世芸能人親バカNo.1決定戦!”を開催。二世タレントが“親バカ”エピソードを披露し、そのハチャメチャぶりを競い合った。まず、事前の取材で親バカぶりを尋ねられた真瀬樹里が「あんまり、私自身は親バカだなと思ったことはない」と言ったことから、番組では千葉真一に直撃取材を敢行し、そのVTRがスタジオで紹介された。

 番組スタッフから親バカなのか質問された千葉真一は「ん〜!」と悩む様子を見せたが、「俺も親バカだなと思う。必死になってやってしまって」と自らの親バカぶりを認めた。千葉によると、真瀬樹里が小学生の頃、彼女のために広さ1000坪、総工費23億円の別荘を京都に建てたという。その別荘には、プールやテニスコートも備えつけられていたことから、遊びに来た真瀬はいつも喜んでいたそうだ。千葉はその当時を振り返ると、「そういう彼女のうれしい顔を見ると、ついデレっとなっちゃう」と笑みを浮かべた。

 また、千葉真一は真瀬樹里の誕生日に盛大なパーティーをホテルで開いていたと告白。それについて、真瀬は千葉の愛弟子である俳優の真田広之(57)や女優の志穂美悦子(62)が司会を務めていたことを明かし、有吉弘行らを驚かせた。さらに、千葉と真瀬が時代劇で共演したときの話になったところ、千葉は真瀬の殺陣を大絶賛。「あのときの樹里ちゃんの情熱はすごかった。とても難しいことをやらせたら、全部できちゃった」とうれしそうに撮影当時を振り返り、「あのスピードは、日本の女優さんで今できる人はいないですよ。あの子は、日本の財産ですよ」と真瀬を称えると、VTRを見ていた有吉は「すごい親バカ!」とツッコみ真瀬を苦笑いさせていた。

「この日は親バカのナンバーワンに、断トツで千葉が選ばれました。そんな千葉は、真瀬と異母兄弟で俳優の新田真剣佑(21)にも甘いらしく、今でもお小遣いをねだられると渡しているそうですから、その親バカぶりには驚かされますね」(芸能誌記者)――ぜひ、3人の共演を見てみたい!

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking