ニュースヘッドライン

森川葵、「バカボンのパパよりバカなパパ」でも発揮中の「憑依型女優」ぶり!

  • 2018年07月13日(金) 11:00:56
  • ブログ

6月30日にスタートしたドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」(NHK)で赤塚不二夫のひとり娘・りえ子を演じている森川葵。誰もが知っている赤塚不二夫の実娘である赤塚りえ子による「バカボンのパパよりバカなパパ 赤塚不二夫とレレレな家族」が原作の実写ドラマ化作品で、主役の赤塚は玉山鉄二が演じている。第1話では長谷川京子演じる母・登茂子を顧みず、不貞をくり返す父に反発していたりえ子だが、母から父に対する思いを聞いたことで、みずから父に歩み寄るという感情描写を巧みに演じて見せた。

 森川は2010年に10代女性向けファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディションで三吉彩花らとともにグランプリに選ばれ、近年はカメレオン女優、憑依型女優との呼び名も。満島ひかりが降板した11月公演の舞台「ロミオとジュリエット」では、満島が演じる予定だったジュリエット役に抜擢されている。

「森川は今年2月に人気度MAX状態だった高橋一生との熱愛が発覚。自身が番組アシスタントを務めていた『A‐Studio』(TBS系)に高橋がゲスト出演した昨年1月20日放送回では、公開告白とも思えるような『ホントに一生様大好きなんですよ!』『私の中では“一生様”』『顔がどタイプなんです』などと高橋に対するあふれる思いを炸裂させ、視聴者からは“アシスタントというよりただのファン”といった批判の声まで出たのだとか。そのため玉木宏と木南晴夏の結婚報道が出た時には、独身大物俳優である高橋の現状が引き合いに出され『高橋一生のように得体の知れない若い娘が相手でなくてよかった』などと遠回しに悪口を言われていたそうです」(女性誌記者)

 ドラマでは、森川演じるりえ子の父親に対する心の変遷に注目したい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking