ニュースヘッドライン

【フライデー】嵐・二宮和也、『僕とシッポと神楽坂』について言及! 相葉演じる“獣医”は「最高峰に難しい」

  • 2018年07月12日(木) 00:01:56
  • ブログ

嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ『BAY STORM』(bayfm、7月8日放送)にて、二宮がメンバーの相葉雅紀主演のドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)について言及する場面があった。

 同ドラマは今年10月スタートで、毎週金曜午後11時15分から始まる「金曜ナイトドラマ」枠で放送される。原作は漫画家・たらさわみちが2012年~17年に「月刊 officeYOU」(集英社クリエイティブ)で連載していた同名漫画で、根強いファンの支持を受け、現在も続編が連載されている人気作だ。

 「東京・神楽坂を舞台に若き獣医師が動物や飼い主たちと繰り広げる心あたたまる物語」と銘打たれている、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』。相葉は神楽坂にある「坂の上動物病院」の獣医師で、「コオ先生」と呼ばれる高円寺達也を演じる。ドラマでは相葉が演じる達也が、神楽坂の人々の大切なペットの命を守るため、獣医師として奮闘を続けていく姿が描かれるようだ。

 放送は10月とまだ先だが、『BAY STORM』リスナーからは「10月期から相葉さんのドラマが始まることが決定しましたね」というメッセージが。これを読み上げた二宮は、「相葉くん、ドラマやるんだよね。金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』。獣医です」とちゃっかり宣伝。そして「どういう話なんだろうね。漫画? 漫画なんだ」と内容に興味を示しつつ、「でも本当に獣医だとしたら、むちゃむちゃ大変だと思うけどね」とコメントした。

 二宮は続けて、「撮影で1番、最高峰に難しいのが獣医だと思ってる」と発言し、その理由について「どうやんの? っていう。外科とかだったらさ、そこの造形を作ればいいけどさ。動物を検診するとかさ、どうやって(動物に)言うこと聞かせるんだろう?」と、“共演者”が動物なだけに、普通の医療ドラマと違い一筋縄ではいかない撮影になるだろうと予測。二宮は「だってそんなん、時間、足らないよ……」と、相葉のことを心配していた。

 さらに、自分なら動物相手にどうやって獣医役を演じるのか考えた二宮は「『ウェ~イ!』って抱っこするぐらいかな。『元気でねぇ~!』って。ぐらいじゃない?」と、なんとも頼りない発言。つい先日まで『ブラックペアン』(TBS系)で“天才外科医”を演じていたとは思えない、ざっくりとした演技プランを披露したのだった。

 数々の役を演じ、ジャニーズアイドルの中でも特に“演技派”と評される二宮をして、「撮影で最高峰に難しい」という獣医役。『僕とシッポと神楽坂』で相葉がどのように演じるのか、楽しみにしたい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking