ニュースヘッドライン

『水曜日のダウンタウン』、千鳥・大悟の“実家の観光地化”に心配の声続出

  • 2018年06月13日(水) 22:00:37
  • ブログ

6月6日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、お笑いコンビ・千鳥の大悟(38)の実家が登場し、波紋を呼んでいる。

 この日の番組では、「子供に乗っかって商売してる芸能人の実家No.1 ロバート秋山の実家説」を検証。芸能人の子どもを持つ親たちが、どれだけ子どもの人気に便乗して商売をしているのかを調査した。

 そして、その番外編として、商売はしていない大悟の実家も紹介。番組スタッフが大悟の出身地である岡山県の北木島に向かう途中、フェリーの船内に北木島の地図が貼られているのを発見。その地図には「千鳥大悟のふるさと北木島へようこそ!」と書かれており、大悟の実家の場所や電話番号まで記載されていた。

 その後、スタッフが実家を訪れ、大悟の父に取材をしていると、突然大悟ファンが訪問。大悟の父は慣れた様子でファンを家に招き入れ、大悟の幼少期の写真を見せたり、昔のエピソードを披露するなど、丁重にもてなしていた。

 そんな大悟の実家の個人情報がダダ漏れの様子に、視聴者はビックリ。ネットには「実家の場所まで映ってるけど平気なの?」「悪い人が来ないといいけど……」「場所まで分かるのはさすがにヤバイ」「お父さん、良い人そうだから変な人に騙されないか心配」「実家が観光地化してるのはどうなの?」など、心配するコメントが続出していた。

「2017年10月放送の『親の顔が見てみたい』(日本テレビ系)でも、大悟の実家が特集されていました。このときも、大悟の父は訪ねてきたファンに手料理をごちそうしたり、フェリーに乗り遅れたファンを泊めてあげたというエピソードを語っていましたが、まさに“神対応”ですよね」(芸能誌ライター)――さらに来客が増えそう。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking