ニュースヘッドライン

春ドラマ出演「熟イケメン」、一番結婚したいのは誰?

  • 2018年04月30日(月) 22:00:03
  • ブログ

 イケメンは若者ばかりと限らない。芸能界には、40代や50代のイケメン俳優もたくさんいる。彼らのダンディなフェロモンに、ひそかに胸をときめかせている女性も多いだろう。そこで今回は、4月から放送の春ドラマに出演する、中年イケメン俳優で「結婚したいと思う人」を、20代から30代の未婚女性200人に聞いてみた。

 まず第5位(7.5%)は『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)に出演する、渡部篤郎。坂口健太郎が主演するドラマで、謎の無線機から時空を超えて聞こえてくる過去の刑事の声をヒントに、坂口演じる刑事が、未解決事件を解き明かしていくヒューマンサスペンスだ。渡部は冷酷非道な警視庁の刑事部長役。今回はヒール役だが、「大人のかっこよさがある」(20代)、「渋くて気難しそうなのが良い」(30代)などの声があり、渋みのある大人の魅力が評価されたようだ。

 続く第4位(8%)は、『執事 西園寺の名推理』(テレビ東京系)で、主演を務める上川隆也。このドラマは、上川が演じるパーフェクトな執事が、主人である資産家の奥さまのために、さまざまな事件を解決していくミステリー・エンターテインメントだ。理由には役柄のイメージが強いのか、「とても礼儀正しく、言葉遣いも丁寧だから」(30代)、「お互いの意見が食い違っても、じっくり話を聞いてくれそう」(20代)などの声があった。ふだんの立ち居振る舞いからにじみ出るやさしさに、魅力を感じる女性が多いようだ。

 第3位(11%)には北村一輝がランクインした。第5位の渡部と同じく、『シグナル』に出演しているが、北村は坂口が演じる刑事と、無線機で時空を超えて交信する“過去を生きる”刑事役だ。そんな北村に対しては、「顔が好き」(20代)や、「子どもがかわいく生まれそう」(20代)など、その彫りが深い顔立ちにひかれる女性が多かった。
井ノ原快彦は「いいパパになりそう」!

 続いて第2位(16%)は『特捜9』(テレビ朝日系)で、主役の浅輪直樹を演じるV6の井ノ原快彦となった。このドラマは、2017年に亡くなった渡瀬恒彦さん主演の連続ドラマ『警視庁捜査一課9係』(同局系)をリニューアルした作品で、井ノ原演じる浅輪刑事ら9係のメンバーが再集結し、事件に挑む姿を描く。井ノ原を選んだ理由には、「やさしそうだから」(20代)などの性格を評価する声が圧倒的多数。さらに「笑顔が絶えない家族になりそう」(20代)、「いいパパになりそう」(30代)などがあり、パパイメージを持っている人が多かったようだ。
 そして第1位(20.5%)に選ばれたのは江口洋介で、主演するドラマは転職をテーマとした『ヘッドハンター』(テレビ東京系)。企業の要望に応えて人材をスカウトし、転職を斡旋する、ちょっとワケありなヘッドハンターを演じている。江口を選んだ理由を見ると「ずっとやさしくて、異性としての魅力を保っていてくれそう」(30代)、「年をとっても衰えないかっこよさがあるから」(20代)など、若い頃から変わらない魅力を評価する声があった。他には、「いざとなったら守ってくれそう」(20代)のような、見た目だけでなく頼りがいのありそうな一面に魅力を感じると答えた女性も多かった。

 年代別に見ると、20代から票を集めたのが北村一輝。ランク外だったが『ブラックペアン』(TBS系)に出演する内野聖陽は、30代からの支持が高かった。ランキングを振り返ると、結婚相手というだけあり、井ノ原や江口など、家庭的なイメージのある俳優が人気だったようだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking