ニュースヘッドライン

「すばるとエイターの絆を壊すな」関ジャニ∞、渋谷ツアー不参加で事務所不信の声噴出

  • 2018年04月17日(火) 12:00:59
  • ブログ

4月15日、関ジャニ∞の渋谷すばるがグループからの脱退とジャニーズ事務所退所を発表し、多くのファンに衝撃を与えている。13日発売の「フライデー」(講談社)の報道により、脱退説は騒ぎになっていたものの、「年内退所」という事実を受け入れられないファンが続出。15日の会見で飛び出した渋谷の言葉に対しても、さまざまな反応が上がっている。

 「フライデー」の報道を受けて、ファンが渋谷と関ジャニ∞の行く末を不安視する中、ジャニーズサイドは15日の午前11時にファンクラブ会員向けのサイトで「関ジャニ∞よりファンの皆さまへお知らせ」と題し、メッセージをアップ。同日に行われた会見で渋谷は、「この度、ジャニーズ事務所を辞めさせて頂く決断を致しました」と報告し、36歳という自身の年齢を考えた時に、「海外で音楽を学びたい」と思うようになったと、胸中を告白した。

「事前に脱退のウワサが出ていたとはいえ、“ガセ”だと願っていたファンは大きな悲しみに包まれています。会見では、自宅で転倒し背中を痛めた安田章大を除く6人が登壇して、渋谷の脱退と退所を発表。横山裕は目に涙を浮かべながら、『正直、今日という日が本当に来ないでほしいという思いでいっぱいでした』と話したほか、それぞれのメンバーが渋谷への思いやファンへの謝罪を口にしました」(ジャニーズに詳しい記者)

 報道によれば、渋谷は2月に退所の意思を事務所側に伝え、4月10日に設けられた最終的な話し合いの場で、脱退が決定したとのこと。渋谷いわく、ジャニー喜多川社長には「2日前とか」に電話をかけ、「今回こういう決断をしました」と話したところ、「そう決めた以上は応援するしかないので、頑張りなさい」と、背中を押してもらったという。

 会見でのこの発言に関し、ジャニーズファンからは「ジャニーさんには2日前、しかも電話報告って……」「グループの生みの親であり、お世話になった社長にその報告の仕方?」「2日前って『フライデー』が発売した日だね。週刊誌に載ったから決断したのかな」と、ネット上に驚きの声が相次いでいる。昨今、ジャニー社長の姪である藤島ジュリー景子副社長が実質的な経営権を握っているとされるため、こうした重大な局面にもかかわらず、社長への報告が直前だったことで、「ほとんどジュリーさんに任せてるんだな」と、あらためてジャニーズ事務所の変化を実感したようだ。

 そして、会見の中でもっともファンが引っかかったのは、7月15日~9月16日まで開催される5大ドームツアー『関ジャニ’sエイターテインメント GR8EST』に関する発言だ。渋谷が事務所に意思を伝えた時には、アルバム『GR8EST』(5月30日発売)やツアーの制作が始まっていたそうで、渋谷自身は「『全て終わるまでは僕、責任持ってやらさせてください』ということで、お伝えさせていただいたんですが」と語りながらも、7月15日に関ジャニ∞を正式に脱退し、コンサートには出演しないことが明らかに。自身がステージに立たないことについて、「事務所の判断もそうですし、実際活動していくのは6人のメンバーなので、『そこはお任せします』といいますか、『決めてください』というような話はしました」などとコメントした。

「会見の話しぶりから、『すばるくんはコンサート出たかったのでは?』とファンが指摘しており、『コンサートは6人でって、事務所が決めたんでしょ。なぜ、すばるはコンサート出れないの?』『すばるくんは出たいのに、事務所が出さないことにしたの? 一番大切なファンの気持ちはどうなるの?』『すばるがツアーに出たかったなら、ステージ立ってほしい。エイター(関ジャニ∞ファン)が送り出す場所を作ってください』『エイターとすばるくんの絆を壊さないで』と事務所への不満や不信感を募らせているようです」(同)

 渋谷がファンの前に登場する機会は未定というが、このまま直接挨拶することもできず、本当に脱退、退所の日を迎えてしまうのだろうか。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking