ニュースヘッドライン

唐沢寿明に渡部篤郎 アラフィフ俳優が支えた3時間の長尺

  • 2018年04月14日(土) 11:00:57
  • ブログ

2日放送のTBS系ドラマ特別企画「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」。原作は第15回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作で、岩木一麻の同名小説だ。

 日本がんセンターの医師、夏目(唐沢寿明)が担当する末期がん患者が、連続して奇跡的な「完全寛解(がんの兆候が全て消失)」を遂げた。しかし彼らが多額の保険金を得ていたことから、警察は夏目をマークする。

 余命6カ月以内の宣告を受けた際、死亡保険の一部を生前に受け取れる「リビングニーズ特約」があり、それには主治医の承認が必要だ。夏目は保険金詐欺の共犯として疑われたのだが、ここから事態は二転三転する。

 窮地に追い込まれた夏目をサポートするのは、高校の同級生で同僚医師でもある羽島(渡部篤郎)と、やはり高校以来の仲間で保険会社調査部に勤務する森川(及川光博)だ。さらに夏目たちの恩師で、長く失踪していた西條(北大路欣也)も事件に関わってくる。

 原作が「このミス」大賞作だけあって、がん消滅の謎解きだけでなく、厚労省と製薬会社が抱えた新薬をめぐる闇までを描く物語展開に求心力があった。また唐沢をはじめとするアラフィフ俳優たちの落ち着いた演技が、3時間という長尺のドラマを支えていた。

 1月クールの「アンナチュラル」もそうだったが、医療サスペンスというジャンルにはまだまだ鉱脈が眠っていそうだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking