ニュースヘッドライン

ビートたけし「引退」「大杉漣急死が影響」説まで...... 独立発表で芸能界激震も、以前から語っていた不満が......

  • 2018年03月15日(木) 07:00:58
  • ブログ

ビートたけしが3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立することが分かった。ビジネスパートナーである女性と新会社を設立するという話もあり、「たけし軍団」の動向も気になるところだが......。

 たけしは「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」と独立の理由を明かしているが、テレビタレントとして、映画監督として日本を代表する人物だけに、今後仕事がどうなってしまうのかにも大きな注目が集まる。まさに芸能界を揺るがす事態だ。

「現在出演している番組だけでも日本テレビ『世界まる見え!テレビ特捜部』、テレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』、TBS『新・情報7days ニュースキャスター』と人気レギュラーが多数ですからね。その辺が今後どうなるのかが非常に気になります。

芸能界で独立というのは一種のタブーで、これまでも何度も独立騒動が芸能事務所とタレントの間で起こっています。とはいえ今回は『天下のたけしさん』ですから......これまでとは違う状況になるかもしれません」(記者)

 世間では「少し疲れたのかな」「これまで頑張ってきたわけだし、自由でいいと思う」など、今回の独立報道には好意的な声が多い状況だ。また「大杉漣急死が影響したのでは」と、自身が見出した俳優の急死に思うところがあったのではという意見もある。「たけし軍団は自分たちでがんばれ」と、たけしをあてにする状況を脱却するいい機会だ、なんて声もある。
さまざまな意見が出ているが、以前からたけしは現在のテレビへの不満を語っていたのも事実だ。

「たけしさんは以前、テレビ番組で『新・情報7days ニュースキャスター』に関し『今の社長が報道出身で、うちは真面目なんだっていってね』『なるたけたけしさん、しゃべんないでください』と、できるだけ口を開かないようにと通達されていることを明かしていました。その件に関する不満は以前も語っていましたね。いろいろとやり辛くなった部分もあるのでは......」(同)

 芸能界の「帝王」だけに、一挙手一投足の破壊力は絶大。果たしてどうなる。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/gj/2018/03/post_6070_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking