ニュースヘッドライン

みちょぱ、10代で味覚障害!芸能人は偏食が多い?

  • 2018年03月15日(木) 00:00:57
  • ブログ

 タレントの“みちょぱ”こと池田美優が、3月12日放送の『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に出演し、病的な味覚障害だと診断された。番組では、甘味や塩味がわからないといった深刻な症状が報告された。味覚障害は高齢者に多いといわれるが、19歳の彼女に出るとは驚きであろう。

“みちょぱ”の味覚障害の原因は味の濃いものを食べ続けた食生活の影響といわれる。彼女に限らず芸能界には“偏食”人間が多い。

 「メイプル超合金のカズレーザーは、そば、冷やし中華、てりやきマックバーガー、オムライスの4種類をローテーションで食べ続け、栄養はサプリメントで取っているそうです。サプリ代だけで月に10万円を超えるといいますから驚きですね。野菜全般のほか、辛いもの、酸っぱいものはすべて食べられません。きゃりーぱみゅぱみゅも野菜嫌いで知られ、食べられる野菜はもやしだけだそうです。主食はおかしと言われており、不思議ちゃんのイメージそのものの食生活を送っていますね」(芸能ライター)

 食生活ばかりではない。異常に辛いものが好きな辛党、甘いもの好きの甘党芸能人もいる。

 「パックンマックンのマックンは辛党として知られます。タバスコや七味唐辛子が好きで、何にでもかけるそうです。奥さんの手料理も激辛にしてしまうため不評を買っているようですね。甘党の芸能人は多く、俳優の西島秀俊や、的場浩司は甘いもの好きとして知られます。的場はコワモテのイメージがあるだけにギャップがありますが、スイーツ本を出版するほどですね」(前出・同)

 芸能界は、あらゆる意味で特殊な世界であるともいえるが、それは食生活にも現れているのかもしれない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking