ニュースヘッドライン

【フライデー】相葉雅紀歓喜!サッカー日本代表が『A・RA・SHI』熱唱

  • 2018年03月14日(水) 12:00:00
  • ブログ

3月6日放送の『グッと!スポーツ』(NHK)に、サッカー日本代表の槙野智章選手(30)が登場。チーム内で一番盛り上がる曲が、嵐の『A・RA・SHI』であることを明かし、話題になっている。

 この番組は、嵐の相葉雅紀(35)が司会を務め、アスリートをゲストに迎えてトークを繰り広げる。今回は3か月後にワールドカップを控えた槙野選手を招き、槙野選手自身や日本代表チームについて取り上げた。

 槙野選手は、移動のバスやロッカールームではムードメーカーとして活躍しており、自ら選んだ音楽をかけて、浦和レッドダイヤモンズや日本代表のチームメイトを盛り上げているという。槙野選手は自分のことを“DJ槙野”と呼び、選曲一つでバスの移動やロッカールームの雰囲気が変わると語った。

 槙野選手撮影の動画が番組で紹介されると、槙野選手とゴールキーパーの西川周作選手(31)が『アンパンマンのマーチ』で大盛り上がりする姿が映っていた。この日は、西川選手の子どもの誕生日だったそうで、槙野選手は、選手一人一人の世代や好みに合わせた曲選びをしている、とこだわりを熱弁。「一番盛り上がるとっておきの曲」として紹介された動画では、嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』を手拍子とともに大合唱する選手たちが映っていた。

 思わぬ選曲に、相葉も喜びを隠し切れないようで「この映像メンバーに送りたいんだけど!」と大興奮。相葉が、試合を見に行って日本代表が勝ったときは、ロッカールームで自分たちが歌ってもいいかと尋ねると、槙野選手は「みんな喜びますよ!」と太鼓判を押していた。

 代表チームの盛り上がりに喜んだのは相葉だけでなく、ネット上では嵐ファンからも「これはうれしいね!」「槙野さんの好感度が急上昇した」「すごい選手が嵐を愛してくれてる……!」「本当に、嵐全員に見てほしい動画!」といった声が続出している。

「槙野選手は嵐のレギュラー番組『VS嵐』(フジテレビ系)に、何度か浦和レッズチームとして出演。アトラクション以外に、トークでも嵐をライバル視していたようで、オンエア直前には“トーク対決でも負けられない闘いがあった”とコメント。バトルの合間に軽快なトークを繰り広げ、番組を盛り上げていました」(テレビ誌記者)

 名曲『A・RA・SHI』が勝利を呼び込めるか、結果に期待したい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking