ニュースヘッドライン

メキシコに1年 AKB48入山杏奈の海外留学は吉と出るか?

  • 2018年03月13日(火) 07:00:48
  • ブログ

AKB48の入山杏奈(22)が10日、幕張メッセで行われた「AKB48グループセンター試験」でドラマ出演のため、メキシコに1年間留学することを発表した。

 昨年12月、現地テレビ局のドラマ「LIKE」に日本人役でAKBから誰かひとりが出演することが決定しており、抜擢された入山は4月から現地で撮影が始まる。「10代の頃は海外ドラマを見ていました。スペイン語圏にも、AKB48というガールズグループがあると伝えたい」と意気込む入山に、AKBグループの総合プロデューサー秋元康氏も「入山なら大丈夫」と太鼓判だ。

 同作は8、9月からの放映で、アメリカでも放映。日本は翌年1月からの予定というビッグプロジェクト。ヒットすれば「セックス・アンド・ザ・シティ」や「ゴシップガール」の女優のように世界中から注目される可能性もある。

■アイドル好きの潜在視聴者

 アイドル評論家の北川昌弘氏は「メキシコ行きは悪くない」とこう続ける。

「入山さんはAKBでキャリアもあり、卒業も視野に入る年頃でもあり“爪痕”を残さなくてはという気持ちもあるはず。そんな中でのメキシコ留学は大いに意味があると思います。既にインドネシアで人気を得たJKTの仲川遥香さんの成功事例もあります。“日本人役”を日本のアイドルでというオファーがあったということですから、既に“日本のアイドル”が好きな視聴者が潜在的にいるということ。AKBでビジュアル抜群といわれている入山さんなら、海外のアイドルファンの心をワシ掴みにするはずです」

 ドラマを終えて日本に戻る頃は、東京五輪目前。入山が“ラテン語圏”担当の東京五輪アンバサダーになる可能性もある。メキシコ行きは入山にとって最高のチャンスボールになりそうだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking