ニュースヘッドライン

本田望結、早くも称賛殺到の「一人二役」声優挑戦

  • 2018年03月11日(日) 21:00:05
  • ブログ

3月6日、フィギュアスケート選手で女優の本田望結(13)が、アニメ映画『リズと青い鳥』に声優として出演することが明らかになった。この作品で、本田が一人二役の重要な役に挑むことに対し、ネットからは驚嘆の声が上がっている。

 4月21日から公開される同作は、『聲の形』や『けいおん!』などを制作した京都アニメーションが送る新作映画。小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』(宝島社)が原作で、高校生活最後のコンクールに出場する、吹奏楽部の鎧塚みぞれと傘木希美の青春を描く。

 本田は、劇中の童話に登場する、“リズ”という女性と“少女”の二役を担当。今回のアフレコについて「私的には二人の演技に関して、少しの違いは(表現)出来たので、皆様にそれが伝われば良いなと思います」と、映画の公式サイトにコメントしている。

 さらに、リズの役柄は「少し大人な感じで落ち着いたような印象」「喜怒哀楽を出さないような、いつも穏やかな感じ」と語り、少女については「明るくお茶目な感じで何でもオーバーに表現するような」と、本田自身が抱いたイメージのまま、自由に演じさせてもらったことを明かしている。

 そんな一人二役の声優に挑戦した本田には、早くも称賛が殺到。ネットには「重要人物を2人も演じるなんて望結ちゃんすごいな」「望結ちゃん自身も女優とフィギュア選手の二刀流だから期待できるね!」「子役兼スケート選手。さらに声優で一人二役……なんて13歳なんだ」「声優初挑戦でいきなり2人のキャラクターを演じるのか!」「女優にフィギュアに声優。ポテンシャルが高い」と、本田の多才ぶりをたたえるコメントが多く上がっていた。

「ご存知の通り、本田望結ちゃんはフィギュアスケートの選手としても活躍しています。2017年10月の『フィギュアスケート・近畿選手権』で、望結ちゃんはジュニア女子のショートプログラムに出場。3回転ルッツを披露するなど、自身で目標にしていた50点を超える54.38点をマークして、4位に輝きました」(芸能誌ライター)――子役とスケート、まさに“二刀流”の大活躍!

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking