ニュースヘッドライン

【フライデー】豪邸で一人暮らし 薬丸裕英の“下半身醜聞”を週刊誌が狙う

  • 2018年03月11日(日) 11:00:00
  • ブログ

バラエティーでお馴染みのタレント薬丸裕英(52)は、元アイドルの夫人・秀美さん(51)ら家族と国内外に“離散状態”にあるそうだ。

 薬丸夫妻には子どもが5人いるが、発売中の女性セブンによると、長男(27)は俳優、次男(24)はサッカーのセミプロ選手で豪州、長女(21)は大学に通いながらタレント活動もし、ほぼ独立。そして秀美さんは9つの次女ともどもハワイに移住し、現地でジュエリーブランドを立ち上げて、2店舗を展開しているというのである。

 芸能界を引退後、子育てをこなし、それがほぼ終わった今は事業家として成功とは恐れ入るが、その結果、薬丸は東京・成城の推定5億円豪邸でほぼ一人暮らし。掃除・洗濯にゴミ出し、食事の準備まで自分でこなしている。もちろんテレビのレギュラー6本など仕事をやりながらである。

■東京とハワイを毎週行き来する

 毎週木曜日はテレビ東京の朝の情報番組「生活情報マーケット なないろ日和!」、フジテレビ系お昼のトークバラエティー「バイキング」とハシゴして、さらに15時40分スタートの生活情報番組「よじごじDays」出演で再びテレ東へという忙しさ。仕事後は羽田空港から約7時間かけてハワイへ飛び、日曜夜に帰国という目まぐるしさだ。

 薬丸が妻や子どもたちに思い通りにさせた結果で、こうした生活を送って約6年になるのだとか。「出没!アド街ック天国」(テレ東系)などで、グルメや街の情報に通じているのは、「奥さんと別居していて一人でいる時間ばかりで、仕方なくそんなふうになってしまった」と知人に明かしたことがあるという。

「2000年に建てた豪邸は20年ローンで、その返済が大変なんじゃないか」との見方もあるそうだが、ある芸能プロデューサーはこう言う。

「2014年に終わってしまいましたけど、17年半にわたって司会を務めたTBS『はなまるマーケット』のような朝の情報バラエティーは、番組1本(1日)のギャラがどんなに低く見積もっても50万円以下ということはあり得ない。週5本で250万円以上。それだけで年間、億を稼いでいた。彼の場合、特筆すべきは番組終了とほぼ同時にテレビ東京に移ったこと。その準備、根回しの良さは相当なものです。現在も『はなまる』時代ほどではないにしても、それに近い稼ぎはある。とてもカネに困っているようには見えません」

 となると気になるのが女性関係だろう。薬丸はアイドル時代、堀ちえみや早見優、三田寛子らと噂になったこともあるモテ男。妻の監視もなく時間とお金を持て余せば人間、やることは限られるのだが……。

「彼の場合、遊びはあったとしても特定の相手と不倫関係というようなことはないと思いますよ。たとえば『バイキング』では、放送開始の直前にスタジオ入りして、打ち合わせなしで番組をこなしてしまう。生放送を何年もやってきた実力なのでしょうけど、CM中に出演者と雑談して、笑ったりしている姿は、本当にプロ。不倫など女絡みのスキャンダルをやらかすとどうなるか百も承知でしょうから。芸能マスコミの餌食になるようなことはしないに決まってます」(芸能関係者)

 薬丸が“聖人君子”とは思わないが、ゲス不倫を狙う週刊誌としては相手にとって不足なし、か。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking