ニュースヘッドライン

統一教会を脱退か? 桜田淳子“35年ぶりアルバム”発表の裏

  • 2018年02月11日(日) 07:00:56
  • ブログ

芸能活動休止中の歌手・桜田淳子(59)が、35年ぶりの新曲を収めたニューアルバムを今月25日のデビュー45周年にリリースし、東京・銀座博品館劇場のステージに立つとHPで発表した。昨年春にも同劇場でのコンサートに出演するなど、芸能活動再開に意欲を見せていた桜田は、還暦を迎える今年は本格復帰を目指しているのではないかと注目されている。

 桜田は統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の信者で、1992年に韓国で行われた国際合同結婚式に参加した際は大騒ぎになった。以来26年、その芸能活動には反社会的組織活動を増長させるとして、全国霊感商法対策弁護士連絡会などから待ったがかかってきた。今回も、このまま芸能界への本格復帰となれば、そうした反発の声が上がるだろうし、仕事のオファーがあるかどうかも分からない。

 桜田と桜田の宗教をめぐっては、約2年前から夫の脱会説がマスコミに流れ、それを昨年報じた一部メディアは「桜田淳子、芸能界復帰に前進か」との見出しで特集したこともあった。この問題に詳しい紀藤正樹弁護士は8日、夫の脱会説について日刊ゲンダイが質問すると「前々からそういう噂がありますが、確認できていません」とコメントした。一方の桜田はどうしているのか――。

■夫の脱会説に無言

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「実は昨年、ご主人の脱会説について伺おうと、ご本人を直撃したんです。デビュー当時から取材させていただいていて、こちらのことも覚えていて下さり、いつも気さくに対応してくださるのですが、この時は違いました。とにかく無言で、猛ダッシュで行ってしまわれた。何か言い知れぬご事情があるのかと思ったものです」

 1972年にオーディション番組「スター誕生!」で芸能プロ25社からオファーを受けてデビュー。翌年に「わたしの青い鳥」を大ヒットさせ、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した桜田淳子。森昌子、山口百恵さんとの「花の中3トリオ」は中高年世代には懐かしく、永遠のアイドルとして今も光り輝いている。青山氏はこう続ける。

「スポットライトを浴びると、忘れられなくなるといいますが、桜田さんも今もステージへの熱い思いは変わらず、胸に持っていると思います。3人の子どもさんも成人し、もしご主人も脱会されているとなれば、ご自身も宗教か芸能界か、改めて考えているのではないでしょうか。スポットライトの話でいうと、百恵さんはその思いの発露をパッチワークにぶつけているように見えます。

 一方、淳子さんにそうしたものがないとすれば、合同結婚式への出席で中断することになった歌は今も不完全燃焼で、やり残したという思いがあるはず。ことし4月の誕生日で還暦を迎えられるのですから、これからは好きなようにやりたいと考えられたとしても何ら不思議じゃない。ご主人が脱会され、離婚ともなれば、この先の長い人生をひとりで生活していくことも考えていかなければならない。いろんな意味で、もう一度歌へ、芸能界へとつながっているように見えます」

 桜田はこんなコメントを発表している。

「私にとって、35年ぶりのニューアルバム。作詞・作曲もし、レコーディング前夜は興奮してなかなか寝付けませんでした。でも今はイメージ通りのものを作ることができたという幸福感に包まれています。45年間、桜田淳子を見守ってきてくださった皆様へありがとうのかわりに、あなたに贈ります」

 世界平和統一家庭連合の広報局は日刊ゲンダイの問い合わせに対して回答なし。この春から桜田が芸能界の最前線に復活するかもしれない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking